2010年07月31日

A4 2.0TFSI DTM × BILSTEIN BPS Kit by イグサ

IMG_3966_1IMG_3961_1IMG_3948_1
B7 A4 2.0TFSI DTMです。 BILSTEIN BPS キットでユーザーお気に入りの車高までダウン。 減衰力調整式なので、ある程度の範囲でお好みの乗り心地にも調整できます。

mixiチェック
ie_staff_blog at 23:48|Permalink サスペンション 

GOLF5 GTI × iEXERT ホイールスペーサー取付 by マツモト

IMG_3971IMG_3972IMG_3977
フロントにiEXERT 10mmハブ付スペーサーを取り付けます。車高調整式サスペンションにキャンバー調整機構付のピロ式アッパーマウント+ロールセンターアジャスターにより3度近いキャンバーがついているので、スペーサーを取り付けてもフェンダーにちゃんと納まっています。今回のスペーサー装着によりサーキットでのコーナリングスピードアップを狙います。

mixiチェック
ie_staff_blog at 20:13|Permalink ホイールスペーサー 

2010年07月30日

8N TT 1.8TQ タイミングベルト&ウォーターポンプ交換 by イグサ

IMG_3885DSCF9720IMG_3926
タイミングベルト、ウォーターポンプ交換とNEUSPEED パワープーリーキットの取付です。タイミングベルトは走行距離8万㎞を目安に交換をお奨めしています。交換の際はウォーターポンプも一緒に換えた方が作業効率も良く費用も安く済みます。また今回はサーモスタットの作動不良も発覚したためNEUSPEED ローテンプサーモスタットを使用して交換しました。パワープーリーも装着し、これで安心してエンジンを回せますね!


mixiチェック
ie_staff_blog at 17:49|Permalink 一般修理/車検 | パワープーリー

2010年07月29日

GOLF6 TSI Highline × OZ Ultraleggera by イグサ

IMG_3902IMG_3904OZレーシング ウルトラレッジェーラ 18インチ 7.5J オフセット50の車検対応モデル。純正ホイールと比べるとスポティーでスタイリッシュなイメージに変わります。

mixiチェック
ie_staff_blog at 22:15|Permalink アルミホイール/タイヤ 

GOLF5 GTI × NEUSPEED Power Pulley Kit & P-Flo by マツモト

IMG_3907DSCF9703IMG_3853
NEUSPEED パワープーリーの取付とP-Flo Kit用エアクリーナーの交換を行いました。パワープーリーは純正と比べると軽量で経が小さくなり、エンジンの吹け上がりが軽くなりパワーも向上します。P-Floのエアクリーナー(真ん中の画像)は右の新品と比べると汚れているのが分かります。交換することにより吸入効率が良くなり、パワープーリー同様エンジンパワーを効率よく引き出すことが出来ます。

mixiチェック
ie_staff_blog at 21:49|Permalink エアクリーナー | パワープーリー

2010年07月27日

TT 2.0TFSI Quattro CCZ × NEUSPEED JSP-Chip by イシカワ

IMG_3859_1IMG_3861_1IMG_3863_1
NEUSPEED JSP-Chipのインストールと併せて、エンジンオイルとオイルフィルターの交換を行いました。現時点で新車より約8,000km超えの走行距離で無交換でした。メーカーの排油削減、環境保全観点からみると、15,000km毎は理解できるのですが、ロムチューニングを施した場合、ターボユニットへの影響も考えてエンジンオイルの量と質は要チェックです。特にオイル減りはオーナーズマニュアルにも書いてありますが、普通に乗っていても減りますので日常点検は必須事項です。

mixiチェック
ie_staff_blog at 21:44|Permalink JSP-Chip | エンジンオイル

TT 2.0TFSI BWA × MOTUL 300V by イグサ

IMG_3867_1IMG_3880_1暑い夏なので、サーキットユーザーには、『MOTUL 300V Competition 15W50』がお奨めです!

mixiチェック
ie_staff_blog at 20:57|Permalink エンジンオイル 

2010年07月26日

BUB 対応 NEUSPEED Power Pulley by イシカワ

IMG_3806_1IMG_3804_1IMG_3814_1
BUB用のNEUSPEED パワープーリーキットです。 純正プーリーとECS製軽量プーリーは、プーリー径は同じなので軽量化のみですが、NEUSPEED パワープーリーキットは小径になるので、専用ベルトとの組み合わせになります。軽量+小径化により、エンジンの負担を低減しエンジンレスポンスを向上させることが出来ます。パワープーリーキットは費用対効果の高いパーツです!

mixiチェック
ie_staff_blog at 23:47|Permalink パワープーリー 

Sirocco R × K&Nリプリスメントエアフィルター by マツモト

DSCF9655IMG_3846IMG_3848
NEUSPEED JSP-ChipをインストールされたScirocco Rです。過給圧アップにより、純正形状のエアクリーナーでは吸入抵抗が大きくなりますので、『R』の真価を発揮させるべく『K&N製純正交換タイプ』のエアクリーナーへと交換です。
吸入効率が上がると、エンジンレスポンスやターボフィーリング良くなります。

mixiチェック
ie_staff_blog at 22:36|Permalink エアクリーナー 

GOLF4 Wagon × BILSTEIN B4 リフレッシュキャンペーン by イグサ

IMG_3853IMG_3838BILSTEIN B4 リフレッシュキャンペーンで来店されたGOLF4 ワゴンです。長年乗っているとダンパ-は必ず経たってくるので、ショックアブソーバーやアッパーマウントを交換することで、新車時のような良い時の状態に戻す事が出来ます。

mixiチェック
ie_staff_blog at 22:17|Permalink サスペンション 

2010年07月25日

GOLF5 GTI × OHLINS with NEUSPEED Spring Kit by イグサ

IMG_3797_1IMG_3802_1IMG_3819_1
GOLF5 GTI 専用セッティングの『OHLINS with NEUSPEED スポーツスプリングキット』の装着です。ご購入の際は奥様とご試乗の結果、乗り心地にご納得いただき、このサスペンションキットに決定! 乗り心地はコンフォート志向でダウン幅も10mm程度と実用性も兼ね備えています。 今回はタイヤも『MICHELIN パイロットスポーツ PS3 225/40-18』に履き替え、18インチながら優れたコンフォート性を発揮してくれました!

mixiチェック
ie_staff_blog at 23:58|Permalink サスペンション 

GOLF5 GTI PIRELLI Stage-1にアップグレード by イグサ

DSCF9648_1DSCF9650_1IMG_3840_1
NEUSPEED JSP-Chip + キャットバックエキゾースト装着済みのGOLF5 GTI ピレリ。 今回、NEUSPEED P-Flo キットの装着により『STAGE-1』へとアップグレードです。これからの走りを楽しむべくエンジンオイルも交換しました。 使用オイルは『MOTUL 300V クロノ 10W40』

mixiチェック
ie_staff_blog at 23:57|Permalink P-Flo & Intake System | ステージチューニング

EOS × OKUYAMA フロアサブフレーム by マツモト

IMG_3827_1IMG_3829_1IMG_3830_1
OKUYAMA製フロアサブフレーム『EOS専用モデル』の装着です。 ボディ剛性が前後で異なるというユーザーの意見を反映したモデルで、絶妙なバランスでボディ剛性の強化を実現してくれます。

mixiチェック
ie_staff_blog at 23:56|Permalink ボディ補強パーツ 

GOLF5 R32 エンジンオイル交換 by イグサ

IMG_3831_1IMG_3832_1GOLF5 R32 エンジンオイル交換でご来店です。 R32のパーツはたくさんありますので、これから徐々にチューニングなどもよろしくお願いします。

ありがとうございました。

mixiチェック
ie_staff_blog at 23:55|Permalink エンジンオイル 

BORA V6 4Motion ブレーキ廻りオーバーホール by イグサ

IMG_3590IMG_3669IMG_3792
『ブレーキのストロークが安定しない』ということで、走行距離も10万キロを迎えることから、ブレーキ廻りのオーバーホールを行うことになりました。キャリパーは前後共にピストンシールなどの消耗部分を交換し、ブレーキホースも前後共に交換です。さらにマスターシリンダーは新品に交換しました。これでブレーキ周りは完了。ブレーキのストローク、タッチ感もよくなりました。一緒に交換したフロントブレーキパッドはiSWEEP IS1500を使用。

mixiチェック
ie_staff_blog at 23:51|Permalink ブレーキ 

GOLF5 GTI ドライブシャフトインナーベアリング交換 by イグサ 

DSCF9633IMG_3760ドライブシャフトブーツの破れによるグリス漏れは良くありますが、今回はベアリング部(左上)からのグリス漏れでしたのでベアリングの交換です。ドライブシャフトグリスが無くなるとベアリングが焼きついたり、削れるなどして走行不能になってしまいますので、要注意です。



IMG_3761IMG_3790ドライブシャフトブーツが切れると、タイヤハウス内などにグリスが飛び散るので気付いた方はお気軽に相談ください。

mixiチェック
ie_staff_blog at 23:42|Permalink 一般修理/車検 

TT 2.0TFSI 355mmブレーキディスク交換 & ロールセンターアジャスター取付 by イグサ

IMG_3794IMG_3586サーキットを頻繁に走行したブレーキローターの交換です。ローターは磨耗が進み、ヒートクラックも入っていました。ブレーキはbrembo 355×32mm F50 GT Kit。このキットに互換する『Rdd』製のブレーキローターを前回に引き続き使用します。Rddのブレーキローターは炭素含有量が多く、高い耐磨耗性を持ちます。またハットとの接続部分を楕円にするなど熱膨張にたいする対策も施されているので、サIMG_35860IMG_3671ーキットユースに適しています。
また、車高ダウンによりロアアームの角度が平行より上向きになります。ロールセンターを修正するためのアダプターを装着してロアアーム角を修正し、キャンバー角をネガティブ方向に角度がつくようにします。ロアアームのボールジョイントブーツが熱の影響で破れていたため一緒に交換しました。これで安心してサーキットを走行できますね。

mixiチェック
ie_staff_blog at 22:58|Permalink ブレーキ | サスペンション

AUDI RS4車検&ルームランプLED化 by イグサ

DSCF9460IMG_3246車検で入庫したAUDI RS4です。今回は、エンジンオイル、K&Nエアフィルター、ポーレンフィルターといった消耗品を交換しました。






IMG_3243_1IMG_3665ルームランプをLEDにしました。見慣れた室内も新鮮な感じになりますので、長く楽しく乗るためのアクセントとしてオススメです。


mixiチェック
ie_staff_blog at 22:25|Permalink 一般修理/車検 | LED / HID

2010年07月24日

GOLF4 GTI AGU × NEUSPEED JSP-Chip & Hyper Boost DV by イシカワ

IMG_3740_1IMG_3750_1IMG_3747_1
久しぶりにAGUにJSP-Chipのインストールです。AGUはOBDポートからの書き込みは出来ませんので、ROM自体に書き込みます。この辺りの年式では結構多くなっている純正ディバーターバルブのダイヤフラムの破れが起こっていました。バキュームポンプで負圧をかけてもスカスカです。これでは正しいブローオフが行われませんので、ハイパーブーストディバーターバルブに交換します。エアエレメントはK&N製純正交換タイプに変更です。

【おまけ】
最近よく当社のブログでご紹介している『K&Nリプレイスメントエアフィルター』の効果について、当社で行った比較実験の模様をご紹介します。純正タイプとK&N製との比較です。比較は以下の内容で行いました。参考までにご覧ください。

1.最初に純正タイプのエアエレメントを装置にセットし、ピンポン球がクリアパイプ内のほぼ上部まで持ち上り留まるように吸入空気のバイパスポートを調整します。

2.次に同じ条件のままK&N製エアエレメントに差し替えて、装置のスイッチをONにします。ピンポン球は純正タイプのエアエレメントと比較するとクリアパイプ上部のストッパーに強く当たるほど早いスピードで跳ね上がります。エアエレメントを交換したことで吸入抵抗が減少し空気を吸い込む量が増えたことでピンポン球を持ち上げる力が強くなったことが分かります。

3.今度はK&N製エアエレメントを装着した状態ままで、吸入空気のバイパスポートを開放して、クリアパイプ内のピンポン球が最初に純正タイプのエアエレメントで行った時と同じ様にクリアパイプ内上部付近に留まるように調整します。

4.再び純正タイプのエアエレメントに戻し、装置のスイッチをONします。純正タイプのエアエレメントの場合では吸入抵抗が大きくなり、ピンポン球を持ち上げることが出来なくなります。


詳しくは、『8speed.net』もご覧ください。↓ ↓ ↓
http://8speed.net/ishikawa/2010/07/q-15/

mixiチェック
ie_staff_blog at 23:30|Permalink JSP-Chip | ディバーターバルブ

Scirocco R × NEUSPEED Hi-Flo Turbo Discharge Conversion Kit by イシカワ

IMG_3773_1IMG_3764_1Scirocco Rのターボ~インタークーラー間のターボパイプです。NEUSPEED製 K04用ハイフローパイプに交換します。







IMG_3768_1IMG_3772_1こちらは、ターボユニットとホースを接続するアダプターです。右が純正で左がNEUSPEEDです。NEUSPEEDは内径を拡大したストレート構造です。純正は過給ノイズ対策の為か壁面に楕円の穴が開いています。

mixiチェック
ie_staff_blog at 23:28|Permalink ターボパイプ/ホース 

GOLF6 GTI × NEUSPEED Hi-Flo Turbo Pipe 装着 by マツモト

IMG_3756_1IMG_3753_1IMG_3755_1
NEUSPEED 『ハイフローターボディスチャージコンバージョンキット』+『ハイフローインタークーラーパイプコンバージョン』というちょっと長い名前のパイプを交換しました。最近よく当ブログでもご紹介していますのでご存知の方も多いかと思いますが、ターボユニットで過給された空気を出来る限り効率よくエンジンへと送り込めるかということを目的に開発されたターボパイプです。

mixiチェック
ie_staff_blog at 23:10|Permalink ターボパイプ/ホース 

GOLF6 GTI × NEUSPEED Rear Sway-Bar 装着 by イシカワ

IMG_3777_1IMG_3783_1IMG_3786_1
スタビライザーリンクを交換すると、スタビライザーを効果的に機能させます。純正の場合は、ブッシュを介してスタビライザーに連結されてるので、サスペンションアームの動きを吸収してしまいますが、NEUSPEED スウェイバーリンクの場合は、ピロボール式+高剛性アルミビレット(6061 T6)アームによりダイレクトにサスペンションアームの動きをスタビライザーに伝えることが出来るのです。

mixiチェック
ie_staff_blog at 23:04|Permalink スタビライザー 

2010年07月23日

NEUSPEEDパーツ入荷☆ byキムラ

SH380357SH380359SH380358
本国よりNEUSPEEDパーツが入荷いたしました。
そして、バックオーダーいただいていたお客様大変おまたせいたしました!!!
ついに、今回は新商品のPower Pulley Kit #62.10.33 「A3/TT V6 3.2」、「GOLF5 R32 BUB」 用も入荷いたしました(*^_^*)!
大変多くの方々にバックオーダーいただいていたので、今回はパワープーリーだけでかなりの数でした。
その他にも、気になる商品があるという方はお気軽にお問い合わせください☆彡

mixiチェック
ie_staff_blog at 23:24|Permalink お知らせ | お店のこと

Tiguan R-Line × NEUSPEED Power Pack & Hi-Flo Pipe by イシカワ

IMG_3687_1IMG_3702_1Tiguan CAWもJSP-Chipは対応しています! 今回はP-Floとのコンビネーションで『Power Pack』です。それから、ハイフローコンバージョンパイプに換装します。





IMG_3707_1IMG_3712_1IMG_3716_1
こちらは、ターボユニット突出口からインタークーラー間のパイプ。純正と比較すると驚きの違いです!

IMG_3721_1IMG_3722_1こちらは、インタークーラー出口側からスロットルバルブボディ間のパイプ。ターボユニット側に比べるとそれほどでもないが、妥協せずにエアフロー効率をアップさせるなら交換がお奨めです。

mixiチェック
ie_staff_blog at 23:09|Permalink JSP-Chip | ターボパイプ/ホース

GOLF5 GTI × NEUSPEED JSP-Chip & Forge RV by イシカワ

IMG_3684_1IMG_3681_1NEUSPEED JSP-ChipとFoege リサーキュレーションバルブは1.6bar対応のアップレートスプリングでセットアップ。 施工後は別の世界が待っています!

mixiチェック
ie_staff_blog at 23:04|Permalink JSP-Chip | ディバーターバルブ

2010年07月22日

JETTA Prime Edition × NEUSPEED Sport Spring by マツモト

IMG_3657_1IMG_3659_1IMG_3669_1
かなりタイヤとフェンダー間のクリアランスが気になります。そこで、『NEUSPEED スポーツスプリング』を純正ショックアブソーバーに組み合わせてローダウン。フロント約30mm、リア約35mmのダウンです。これくらいが純正スポーツサスペンションくらいのイメージで丁度良い感じでしょうか。 cpm リンフォースメントでフロア剛性アップも!

mixiチェック
ie_staff_blog at 23:02|Permalink サスペンション 

GOLF5 R32 総LED化 by イグサ

IMG_3640_1IMG_3646_1GOLF5 R32のいろんなところをLEDバルブに交換してみました。見た目も鮮やかで、新鮮な感じになりますので、手軽に出来るイメチェンですね。






IMG_3645_1IMG_3642_1






mixiチェック
ie_staff_blog at 22:58|Permalink LED / HID 

2010年07月20日

POLO GTI × NEUSPEED JSP-Chip by イシカワ

IMG_3585IMG_3590POLO GTI にNEUSPEED JSP-Chipをインストールしました。GOLF4 GTI AUMと同等のパワーユニットを持つ9N POLO GTIは車体が軽いので、最大出力で約195PSのパワーによってパワーウエイトレシオをグッと引き下げます。今までにない加速Gも体感できますので、ノーマルで物足りなくなった方には刺激的で楽しい車になりますよ。

mixiチェック
ie_staff_blog at 22:43|Permalink JSP-Chip 

2010年07月19日

iSWEEP ブレーキパット交換 by イグサ&マツモト

IMG_3565IMG_3573今日はAUDI A3 1.8TFSIとTTS、2台のブレーキパッドを交換しました。A3は前後IS1500、TTSは前後IS2000です。2台ともあまり距離を走ってはいませんでしたが、純正パッドからiSWEEPに変えることによりブレーキに対する不満を解消して理想のブレーキフィーリングに変化させることが出来ますので、走りはきっと楽しくなります。
 IMG_3568IMG_3577

mixiチェック
ie_staff_blog at 23:50|Permalink ブレーキ 

GOLF5 GTX × cpm リインフォースメント by マツモト

IMG_3558IMG_3562IMG_3564
GOLF5 GTXにcpm リインフォースメントを装着しました。純正と比較すると剛性が違うことは見た目でも分かります。ボディのトンネル部(マフラーが通っている所)の剛性アップを図ることによりクルマはしかっりとした感じになります。

mixiチェック
ie_staff_blog at 23:00|Permalink ボディ補強パーツ