2009年12月19日

GOLF4 GTI 足回りリフレッシュ by イシカワ

DSCF3669DSCF3695DSCF3703
BILSTEIN B4 リフレッシュキャンペーンで足回りをリフレッシュ。走行距離は、なんと12万キロを越えていました! 今回交換するパーツは、ショックアブソーバー前後、アッパーマウント前後、バンプラバー&ダストブーツ前後とロアアームのブッシュもウレタン製に交換しました。

DSCF3682DSCF3694DSCF3706
純正のロアアームブッシュです。もう完全に破断しています! これでは、走行中にロアアームが動いてしまうのでふらつきが発生したり挙動も安定しません。普段見えない部品ですが、ロアアームブッシュも消耗品です。こうなる前に交換しましょう!
ロアアームブッシュは、ウレタン製に組替えて装着しました。ショックアブソーバーの交換とロアアームブッシュの交換で、サスペンションもステアリングもシッカリとして驚くほど安定した走りになりました。GOLFの愉しみ方ってこういう喜びを感じながら長く乗るクルマなんですよね。

ie_staff_blog at 23:24|Permalink│ │サスペンション | ブッシュ

GOLF6 2.0TSI Sportline Variant GTDステアリング+追加メーター取付 by イグサ

DSCF3499DSCF3508DSCF3720
国内未導入のGTDステアリング(グレーステッチ仕様)を装着しました。内装との調和を考えて、あえて赤ステッチ仕様のGTIステアリングではなく、GTD用を本国から取り寄せました。思惑通り高級感が漂いスポーティーな感じがとてもいいですね。
Pivotのマルチゲージも純正メーターの配色に合わせてホワイトイルミネーション仕様です。

ie_staff_blog at 22:37|Permalink│ │メーター | アクセサリー

TT 1.8TにNEUSPEED ターボインテークパイプ装着 by アズマ

DSCF3728DSC03746DSC03754
NEUSPEED ターボインテークパイプ(上側)を取り付けました。純正(下側)と比較すると純正は径が絞られていることが分かります。インテークパイプは直接ターボの吸入口に接続されていますので、パイプ径を拡大することで、吸入抵抗が減りターボの立ち上がりがスムーズになって低中速域でのトルク特性が改善され乗りやすくなります。この車両はNEUSPEED Power Pack(JSP-Chip+P-Flo)が施工されていますので、純正よりも高い過給圧を発生させるために過大な吸入負圧を生み出します。そのような状況下ではターボインテークパイプの口径拡大は効果を発揮し、ターボラグを減らして出力、トルクを向上させます。つまりロムチューニングを施している場合は効果大です!
ティプトロニックトランスミッションの場合は、ATFオイルクーラーを取り外しての取り付けとなりますので、ATFの油量調整が必要になります。作業のご依頼は事前にご相談下さい。

ie_staff_blog at 21:24|Permalink│ │ターボパイプ/ホース 

2009年12月18日

GOLF6 2.0TSI Sportline Variant サスペンションチューニング by イグサ

DSCF3579DSCF3641DSCF3652
納車間もない新車のGOLF6 2.0TSI Sportline Variantです。早速、サスペンションチューニングを施しました。サスペンションシステムは、iSWEEP コンフォートストリートで専用セッティングさせていただきました。

DSCF3560DSCF3562DSCF3660
全体的なロール剛性アップと高速安定性の向上を求めて前後スタビライザーを強化。スタビライザーはNEUSPEED製スウェイバー 25mmです。最終的な車高は前後共に指一本ほどのクリアランスに調整。スポーティワゴンに変身しました。

ie_staff_blog at 22:59|Permalink│ │サスペンション | スタビライザー

TT 8N 3.2 Quattro 6ヶ月点検 by イグサ

DSCF3627DSCF3625DSCF3615
6ヶ月点検にて入庫です。エンジン周りの点検では、スパークプラグの消耗、エアクリーナーの汚れを発見。どちらもエンジンコンディションを最適な状態に保つのには必要不可欠なパーツですから、お客様に説明して交換しました。今回は主だった問題箇所はありませんでしたが、定期点検により潜在的な不具合の早期発見にもつながりますので、一年に一度は点検をおすすめします。
今回使用したパーツはDENSO イリジウムプラグとK&Nリプレイスメントエアフィルターでした。

2009年12月17日

TTS リサーキュレーションバルブ交換 by イグサ

DSCF3586DSCF3592DSCF3593
TTSの純正リサーキュレーションバルブをForge Motorsport製に交換です。TTSの場合、これだけでも過給のかかり方やターボのレスポンスが向上しますよ。これでTTS KO4ターボの本領発揮となりますね。

ie_staff_blog at 21:49|Permalink│ │ディバーターバルブ 

GOLF4 GTI スロットルバルブの清掃 by アズマ

DSC03721DSC03727DSC03724
停車する場合などのブレーキング時にアクセルをオフにした状態でアイドリング回転数が通常より下がってしまい、ストールしそうになることがあるとのこと。スロットルバルブによる補正が上手くできていない可能性があるので、スロットルバルブボディを取り外してみたところ、内部はカーボンなどが付着してかなり汚れていました。キャブクリーナーを使用してフラップ、壁面などをきれいに清掃して取り付けます。清掃後はアイドリングも安定し調子が良くなりましたので、問題の現象は清掃により改善されたかどうか経過を見ていただくことになりました。最後にエンジンオイル、フィルターも交換してすっきりですね。

ie_staff_blog at 20:56|Permalink│ │一般修理/車検 | エンジンオイル

A4 1.8T Quattro AEB まだまだ現役チューニング車両です。 by イシカワ

DSC03712DSC03699IMG_97741998年式 A4 1.8T Quattroです。既に3世代前のA4となってしまいましたが、まだまだ現役のチューニングベース車両です。今回は、モアパワーを求めNEUSPEED JSP-Chipをインストール。ディバーターバルブもだいぶお疲れの様子なので、ハイパーブーストディバーターバルブに変更し、バキュームホースもかなり痛んでいたので同時に交換しました。これだけでも軽快に走るようになり十分楽しめますよ。

ie_staff_blog at 20:01|Permalink│ │JSP-Chip | ディバーターバルブ

2009年12月15日

TT 1.8T FWD + NEUSPEED Suspension Kit w/BILSTEIN by イグサ

DSCF3519DSCF3525DSCF3527
8N TT 1.8T FWDです。 NEUSPEEDサスペンションキット BILSTEINベースにリフレッシュを兼ねて変更しました。同時にNEUSPEED ショートシフトキット、エンジンオイル、ミッションオイル交換が今回のメニューです。

DSCF3534DSCF3537DSCF3536
サスペンションの装着後に前後にホイールスペーサーを装着してワイドトレッド化を図りました。スペーサーは、iEXERT製でフロントに10mmハブ付、リアに15mmハブ付です。車高は約30mmダウンで良い感じになりました。

ie_staff_blog at 21:53|Permalink│ │サスペンション | ショートシフト

TT 8J 2.0TFSI + TTS LED ヘッドライト by アズマ

DSC03686DSC03693DSC03692
2007年モデルのTT 2.0TFSI をTTS LED仕様のヘッドライトに換装しました。LEDポジションランプはTTに似合いますね。お客様のご要望で北米デイライト仕様にコーディング変更してアピール度もアップです。

ie_staff_blog at 21:36|Permalink│ │LED / HID 

2009年12月14日

GOLF5 R32 + NEUSPEED Power Pack & iSWEEP IS2000 by イグサ

DSCF3457DSCF3461DSCF3481
走行距離が70,000を目前に控え、ブレーキ周りのリフレッシュです。前後ブレーキローターは純正新品に交換。ブレーキパッドはiSWEEP IS2000です。

DSCF3491IMG_9771DSCF3448
エンジンチューニングは、NEUSPEED Power Pack システム(JSP-Chip + P-Flo キット)を行いました。気持ちよく吹け上がり、加速もスムーズで速い! リフレッシュを兼ねたチューニングで気分一新。まだまだ楽しく走れますね。

ie_staff_blog at 22:09|Permalink│ │JSP-Chip | P-Flo & Intake System

GOLF4 GTI Stage-1 施工車両のエンジンオイル交換 by アズマ

DSC03663DSC03658DSC03672
NEUSPEED ステージ1 チューニングを施工されているGOLF4 GTI。今回はエンジンオイル・フィルター交換で来店です。オイルはいつもご使用頂いている MOTUL 300V クロノです。JSP-ChipなどのECUチューニング施工車両はターボユニットにかかる負荷も大きくなりますので、当社では5,000km毎のエンジンオイル交換を推奨しています。ターボユニットのコンディションはオイルの質や量によって左右されますので、日ごろの点検によるエンジンオイルの点検、管理は大事ですね。

ie_staff_blog at 20:59|Permalink│ │エンジンオイル 

2009年12月13日

GOLF5 GTI ブレーキフルード交換 by イグサ

DSCF3471DSCF3469DSCF3472
ブレーキフィーリングが悪くなってきたのでブレーキフルード交換にて入庫です。今まではMOTUL DOT5.1を使用していましたが、今回はMOTUL RBF660 FACTORYLINEを使用。レースや競技車両用に開発された優れたブレーキフルードです。

ie_staff_blog at 23:05|Permalink│ │ブレーキ 

AUDI TT 3.2 Quattro iSWEEP IS3500 交換 by アズマ

DSC03643DSC03639DSC03651
GOLF CUP Rd5 出場車両の 8J TT 3.2 Quattro。フロントブレーキパッドをいつもご愛用して頂いているiSWEEP IS3500の新品に交換。今回も表彰台にあがってきて下さいね! 応援しています。

ie_staff_blog at 21:56|Permalink│ │ブレーキ 

TT 2.0TFSI のETCC 2009 参加出走前車検 by アズマ

DSC03601DSCF3434DSC03612
12月27日に富士スピードウェイにて行われるETCC 2009 FINALに出場するために、エンジンオイル交換と併せて出走前点検でご来店です。ブレーキパッドの残量が少なかったため、ブレーキパッドを交換することになりました。街乗りでの使い勝手とサーキット走行での制動力アップを目的にiSWEEP IS3000を使用。タイヤを外したのでバランスウェイトにサーキット走行中の脱落防止のためのテーピングをしておきました。ETCCでは存分に楽しんでくださいね。

ie_staff_blog at 21:48|Permalink│ │エンジンオイル | ブレーキ

AUDI A4 Avant 1.8T Quattro プロペラシャフトフランジシール交換 by イグサ

DSCF3289DSCF3316DSCF3337
A4 アバント 1.8T Quattroのトランスミッションです。駐車場にオイル漏れ痕があるとの事で点検したところ、センターデファレンシャルとプロペラシャフト間のオイルシールよりオイルれを起こしていました。排気管にもオイルの付着があり危険と判断しオイルシール、代替フランジシャフトへ交換しました。


ie_staff_blog at 00:05|Permalink│ │一般修理/車検 

2009年12月12日

TT 3.2 Quattro + NEUSPEED Power Pack etc. by イシカワ

DSCF3342IMG_9740DSCF3358
遠方からご来店いただきましたTT 3.2 BUBです。以前からご予約いただき、お待ちいただいている間に作業を行います。今回のメニューは、NEUSPEED JSP-Chip、P-Flo Kit、プラズマダイレクト&DENSO イリジウムプラグ、iSWEEP IS1500 前後ブレーキパッド交換+前後ブレーキローターの交換です。さぁ、急いで作業開始です。

DSCF3392DSCF3379DSCF3396
私がECUの書き換えを行っている間にイグサ メカニックがブレーキ周り、プラズマダイレクト&スパークプラグ交換。そして、私がP-Flo キットとECUを装着して作業は完了です。最後はテスターでモニターしながらテスト走行。レスポンス、加速の伸びもよくなりました。NEUSPEED Power PackとはJSP-ChipとP-Floキットを組み合わせたシステムのことをいいます。相乗効果を発揮してより効率的にエンジンパワーを増大させます。こちらをCheck ↓ ↓ ↓
http://www.ishikawa-engineering.com/neuspeed/n_jsp/power_pack.html

ie_staff_blog at 23:54|Permalink│ │JSP-Chip | P-Flo & Intake System

GOLF5 1.4TSI iSWEEP IS2000 ブレーキパットへ交換 by イグサ

DSCF3401DSCF3414DSCF3420
iSWEEP IS2000を装着した当社のデモカーにご試乗いただき、ブレーキフィーリングを体感していただきました。純正と比較したコントロール性、効き具合を気に入っていただき、その場でiSWEEP IS2000へ変更いただきました。ありがとうございました!

ie_staff_blog at 23:33|Permalink│ │ブレーキ 

AUDI B6 A4 1.8TQ エンジンオイル&プラグ交換 by アズマ

DSC03575DSC03586DSC03592
エンジンオイル・フィルター交換とスパークプラグの交換を行いました。 DENSO イリジウムプラグ「Power」は接地電極側がU字溝で先端がテーパー状にカットされたデザインとなっていて、着火性能を大幅に向上させています。お客様のリクエストにより同じプラグへの交換です。交換したプラグは約16,000KMをご使用。新品と比較したところ、即交換を要するほどの消耗状態ではありませんが、ベストコンディションを保ちたいというオーナーの意向によりちょっと早目に新品へ交換しました。参考までに、DENSO イリジウム Powerの交換目安は当社では25,000KMくらいでご案内(お勧め)しています。

2009年12月11日

TTS + NEUSPEED JSP-Chip by イシカワ

DSCF3300DSCF3324DSCF3313
NEUSPEED JSP-Chipをインストール。過給の立ち上がりが早くなり、純正時のもたつきが改善されて2000rpmちょっとからでもスムーズに加速します。最大出力設定は300ps!!元々速いTTSですが、もっと乗りやすくて早くなりますよ。
純正の特性を犠牲にせず、トルク、パワーを嵩上げしたようなイメージですね。TTSのセッティング特性は以下でご覧いただけます。↓ ↓ ↓
http://www.ishikawa-engineering.com/sn_diary/sn_diary.cgi?action=view_diary&year=2009&month=07&day=24&mynum=46&next_page=0&list=200907

DSCF3318DSCF3327DSCF3330
そして、そのパワーを生み出す過給圧に耐えるためのリサーキュレーションバルブチューニングも必須!ですね。 リサーキュレーションバルブにはForge Motorsport製を使用して対策です。
ヘッドライトもデイライト仕様にコーディング変更してアピール度アップ!


ie_staff_blog at 20:33|Permalink│ │JSP-Chip | ディバーターバルブ

GOLF5 GTI PIRELLI + NEUSPEED P-Flo Kit by アズマ

DSCF3304DSCF3305DSCF3299
NEUSPEED P-Flo キットを装着しました。ピレリはリサーキュレーションバルブからのリターンがインテークパイプ途中にあるため、P-Floを装着するにはリターンホース接続用のパイプ増設加工が必要となります。ピレリオーナーの方で装着をご希望される場合は事前に加工を行っておきますので、ご連絡下さい。 また、コーディング変更によりフロントウィンカーをポジションバルブ化してみました。LEDポジションとのコンビネーションはいかがでしょうか?

ie_staff_blog at 20:14|Permalink│ │P-Flo & Intake System 

2009年12月10日

GOLF2 5MT + COX LSD by イグサ

DSCF2984DSCF2986DSCF3219
GOLF2 8Vの5速トランスミッションにCOX製LSDのインストールです。今回はミッション単体での作業依頼です。当社はミッションだけでも対応させていただきますのでご用命があればご相談下さいね。 さて、ミッションの中は結構汚れていますね。まずは分解洗浄からです。

DSCF3223DSCF3224DSCF3255
純正のデフからリングギア、シャフトなどを取り外し、COX LSDに移植して組み付けます。そして、元通りに組み直して完成です。 このミッションでサーキットを走るんですね。きっと良いタイムが出るでしょう! 結果が楽しみですね。

ie_staff_blog at 23:58|Permalink│ │トランスミッション | LSD

BORA V6 4Motion ECU BDE by イシカワ

IMG_9734IMG_9730IMG_9732
遠方のお客様からECU単体でNEUSPEED JSP-Chipへの書き換えを依頼されました。どうしても車両を持ち込めないユーザーへの対応として、ECU単体でも対応していますが、車両側の制御系の状態を診断したりスロットルバルブの基本調整を行ったりなど専用テスターを用いての作業も必要となりますので、作業の行えるショップ、ディーラー等を経由してご相談いただく必要があります。対応できるショップをご紹介できますのでご興味のある方は当社までご相談下さい!

ie_staff_blog at 23:14|Permalink│ │JSP-Chip 

2009年12月08日

Lupo GTI 6MT オーバーホール by イグサ

DSCF1895DSCF1896DSCF2385
Lupo GTI の6速トランスミッションです。 バックした後に時々ギアが抜けなくなることがあるとのこと。試乗したところ、確かに抜け難い時がある・・・。オーナー様もやはり気になるということでオーバーホールを敢行です。

DSCF2387DSCF2858DSCF2952
分解していろいろと細部を確認しましたが、これといって各ギアやシンクロユニットなどにダメージは見つからないので、対処としてバックギアとシャフト、分解に伴い交換が必要になるベアリングやシール関係を交換してメーカーの指定どおりに組み直しを行いました。Lupo GTIのギアボックスはちょっと変わっていて、ミッションケース側にインプットシャフト、アウトプットシャフト、リンケージが残るんですね。結構厄介な構造でやり難いミッションでした。組み立て後の試乗ではバックギアもすんなり抜けるので、組み立て直しで解消したようですね。ひとまず安心しました。

ie_staff_blog at 21:49|Permalink│ │トランスミッション | 一般修理/車検

2009年12月07日

New Beetle Cabriolet + NEUSPEED Cat-Back Exhaust System by イグサ

DSCF3201IMG_5740DSCF3194
New Beetle 2.0 8V AZJ に NEUSPEED キャットバックエキゾーストシステムを装着。 やっぱりマフラーが出ていたほうがいいと思いませんか? NEUSPEEDのマフラーはサイレンサー部分が上の方にマウントされますので、欧州メーカーのマフラーのようにサイレンサー部分が低くてお腹が「ゴリゴリ」と擦ってしまうことはありません。ただ、車高を下げている場合は出口が輪止めなどにヒットしないように注意は必要です。エキゾーストノートはちょっと低音の効いた乾いたサウンドです。もっと、スポーティなサウンドにしたい方には好評ですよ。

ie_staff_blog at 19:54|Permalink│ │エキゾースト 

A4 2.0TFSI Avant + KONI FSD with Eibach Pro-Kit by アズマ

DSC03537DSC03542DSC03556
A4 2.0TFSI Avant S-LineにA4乗りの間では好評のKONI FSD を アイバッハ プロキットスプリングと組み合わせての装着です。 今回の組み合わせではS-Lineの純正車高よりフロント20mm、リア10mm程度のローダウンとなりました。当たりも柔らかめなセッティングで、ローダウンと街乗りでの乗り心地を考えるならバランスはいいと思います。

ie_staff_blog at 19:40|Permalink│ │サスペンション 

2009年12月06日

GOLF5 GTI + iSWEEP コンフォートストリート by イシカワ

DSCF3097DSCF3119DSCF3129
iSWEEP コンフォートストリート オーダーメード仕様です。今回の仕様は事前にお客さまに別の車両に取り付けたiSWEEP コンフォートストリートにご試乗いただき、お客様の嗜好性を確認してセッティングしたモデルです。ご家族の同乗が多く、後部座席での評判が良くないとのことで、ご試乗も後部座席での乗り心地やギャップ越えの突き上げなどを重点的にチェックしての製作です。
今回のセッティングでは車高はほぼ純正と同等。乗り味はマイルドでしなやか。そして後部座席にやさしいセッティングを目指しました。腰砕けなやわな足ではなく、ギャップ越え後の収まりやコーナリング時の不快なロールも十分抑制してくれるので、車酔いが多かったというご家族にも「これなら大丈夫だ!」と言っていただけました。
これからの足は「サスペンションに慣れる。」のではなく「自分のライフスタイルに合ったサスペンションの選択。」ということですね。 まさにそれがiSWEEPサスペンションのコンセプトなんです。

ie_staff_blog at 19:14|Permalink│ │サスペンション 

Scirocco 2.0TSI HIDバルブ交換 by イグサ

DSCF3145DSCF3126DSCF3140
Scirocco 2.0TSIのHIDバルブの交換です。何とか何も外さずに交換しようと試みましたが、とにかく狭い! 結局諦めてヘッドライトを外すためにフロントバンパーを外しにかかりインナーフェンダーを外したところ、裏から丸見えではありませんか! これはラッキー。 バンパーを外さなくて済みました。 交換したHIDバルブは「BELLOF 6700K シルキーホワイト」です。

ie_staff_blog at 18:55|Permalink│ │LED / HID 

RS4 4.2 V8 + NEUSPEED JSP-Chip by イシカワ

DSCF2729DSCF3092DSCF2764
ファントムブラックボディのB7 RS4 4.2 V8 セダンは迫力のあるスタイリングで威圧感があります。カッコいいですね。今回はNEUSPEED JSP-Chipをインストールです。全域でのトルクとレスポンスアップ、出力設定では約25psの出力アップが可能。
もともと420ps/43.8kgmもあるので、街中では必要十分。しかしパワー、トルクはあっても困りません! 全域で出力特性の最適化を図り純正を嵩上げしたようなイメージで最高トルクと最高出力回転数が近くなるので高回転域での伸びが違います。
以下、当社開発テスト時のデータです。ご興味のある方ご覧下さい。 ↓ ↓ ↓
http://www.ishikawa-engineering.com/sn_diary/sn_diary.cgi?action=view_diary&year=2009&month=09&day=03&mynum=50&next_page=0&list=200909

ie_staff_blog at 18:25|Permalink│ │JSP-Chip | エンジンチューニング

異音はディバーターバルブからでした。 by イシカワ

DSCF3135DSCF3134DSCF3131
TT 1.8T Quattro の異音修理でご来店されました。 走行中ターボの過給がかかりだすと、「クウォーーーーン」と変な音が・・・。そしてアクセルを放すと「プシュルルルルー」と断続的な変な音が聞こえてきます。この音に悩まされていたとのことで、診断機にて点検するとディバーターバルブのメカニカル的故障を知らせるフォルトコードが入力されていました。 ディバーターバルブを純正交換型のHyper Boost Diverter Valveに交換して、テスト走行へ・・・。 見事に悩みは一発解消でした。

ie_staff_blog at 18:20|Permalink│ │ディバーターバルブ | 一般修理/車検