TT 1.8T AUQ エンジンメンテナンスGOLF2 GLI メンテナンス

2013年03月09日

GOLF5 GTI 高圧フューエルポンプの異常磨耗

DSCF2756_1DSCF2820_1DSCF2787_1
高回転、高負荷時にエンジンが吹けなくなり失速してしまうという問題が発生。ECUに残っていたフォルトコードから燃圧の低下が原因と診断し、高圧ポンプを外してみたところ、インテーク側カムシャフトのポンプ駆動部分が異常磨耗の状態で、高圧ポンプ側もタペットが完全になくなりポンプのロッドが突き抜けた状態でした。

DSCF2824_1DSCF2860_1インテークカムシャフト、高圧ポンプを新品に交換して作業は終了です。ここまで削れた鉄粉や破片の行方に不安は残りますが、今回は必要最小限の内容に留めました。オイル管理の影響も原因のひとつかも知れませんので、定期的なオイル交換は必ず行ないましょう!

ie_staff_blog at 01:30│ 一般修理/車検 | カムシャフト
TT 1.8T AUQ エンジンメンテナンスGOLF2 GLI メンテナンス