2015年02月22日

GOLF5 R32 × NEUSPEED STAGE-1 TUNING

DSCF9926_1DSCF9914_1DSCF9910_1
NEUSPEED Stage-1 Tuningを実施しました! リアのエンブレムが誇らしげです。

DSCF9781_1DSCF9881_1DSCF9887_1
GOLF5 R32のStage-1 Tuningの構成はNEUSPEED JSP-Chip、P-Flo Kit、Cat-Back Exhaust Systemです。プログラムの最適化を図りエンジンレスポンスとトルクバンドの拡大を図り、吸排気の変更との相乗効果でV6エンジンのポテンシャルを引き出します。

DSCF9903_1DSCF9898_1DSCF9901_1
ストレート構造のNEUSPEED Cat-Back Exhaust System。 インナーサイレンサーを外すとリッターバイクが吹かしているのかと思うほどのいい音です!インナーサイレンサーを装着すると室内にもこもりません。

DSCF9832_1DSCF9834_1DSCF9913_1
Stage-1 Tuningの構成に含まれているプラグ交換。外してみると過去にプラグホールに水が入ったらしく錆びだらけになっていました。本当は予定に入っていなかったのですが、イグニッションコイルもPlasma Directにアップグレードとなりました。今回は気が付いてよかったのですが、ただ追加するだけのチューニングを行うだけではその効果を半減させてしまうかもしれない要素が隠れているかもしれません。チューニングするなら、オイル、エアクリーナー、点火系パーツのコンディションは最低限良い状態にしないと、チューニング費用がもったいないです。

【ワンポイントアドバイス】
中古車で購入した車両でエンジンルームがきれいに仕上がっているクルマはイグニッションコイルを点検しましょう!中古車は見た目の印象を良くするためにエンジンルームを洗浄していることが良くあります。その際にイグニッションコイルがエンジン上にある場合、水が入ってしまい放置すると上記の写真のような状態になってしまします。実は、当社ではこの事例が結構多くあります。 自然にプラグホールに水が入ることはありませんので、もしや?! と思う方は是非早めにチェックしてください。放置してしまうと、思わぬ時に失火してエンジン不調でレッカーのお世話になる可能性大です!

mixiチェック
ie_staff_blog at 23:58│ ステージチューニング | エンジンチューニング