ラジエーター

2015年12月05日

A6 C7 3.0TFSI Quattro × iSWEEPリジットカラー

DSCF8459カメラロール-0699カメラロール-0700
カメラロール-0731カメラロール-0730DSCF8722
iSWEEPリジットカラーの装着です。アルミ製のリジットカラーをサブフレームとボディの間に取付することで、両者間の締結強度を飛躍的に向上させます。その恩恵は、ステアリング操舵性やハンドリング操作による後輪追従性の向上として体感できます。リジットカラー取付後は、アライメントの変化が見られるので、しっかりと4輪アライメント調整を行うことをオススメします!リジットカラーの仕組みを分かりやすく解説した冊子が、当社ショールームにございますので作業待ちのお時間などにぜひご覧下さい!

mixiチェック
ie_staff_blog at 22:10|Permalink

2015年05月16日

TT 8N 1.8T タイミングベルト&ウォーターポンプ、電動ファン交換

IMG_0144DSCF1829DSCF1899
DSCF1189DSCF1185DSCF1156
冷却系統の劣化が目立ってきたので、今回は一気にリフレッシュを敢行しました。ウォーターポンプはフィンに亀裂が入っていたので交換して正解です。サーモスタットは作動不良を起こしていたらしく、走るとオーバークール気味に水温が下がっていたいので交換しました。電動ラジエーターファンは定番のレジスター故障で1速が不動になっていたいので交換しました。これで今年の夏は安心して思いっきり乗れますね!

mixiチェック
ie_staff_blog at 10:46|Permalink

2013年02月22日

TT 8J BWA インタークーラー換装ラジエーターワンオフ製作

DSCF2078_1DSCF1960_1DSCF1955_1
Forge Motorsport製 TT-RS用の前置きインタークーラーを装着して、純正のインタークーラーの位置にワンオフの大容量ラジエーターを設置するというちょっと手の込んだ変更を行なってみました。インタークーラー配管も重量削減のためチタンです。

DSCF1334_1DSCF1344_1DSCF1345_1
サーキット走行において常に水温の上昇が気になっていたので、根本的な対策方を考えてみました。純正のインタークーラーさえなくなればそこに大きなラジエーターを設置できるというもの。エンジンとのクリアランスも十分取れるのでクーリング性能大幅アップに期待大です。ブルー塗装は放熱特殊塗装。

DSCF2011_1DSCF2085_1DSCF2086_1
こちらは特注モデルのTWS製 T66-F 9.0x18 +45 Flat Gunmeta。通常ラインナップにはないTT 8J専用サイズです。F50キャリパーもしっかり収まります。

DSCF2084_1DSCF2013_1DSCF2012_1
今回は3ヶ月近い時間がかかってしまいましたが、その分効果が上がっていることを願っています!週末のサーキット走行でその真価が分かります!

mixiチェック
ie_staff_blog at 19:27|Permalink

2013年01月12日

GOLF4 R32 ラジエーターファン故障

DSCN5579_1DSCN5538_1ラジエーターファンの1速(Low)が回らないという不具合でメイン、サブともに交換しました。この症状は最近多くなっているので要注意です。点検は簡単にできますので気になる方はご自身で点検してみては?方法はエンジンが温まっていない状態でA/CをON。ファンが回っていればOK。回っていなければ故障しています。点検の時は手を触れてないでくださいね。

mixiチェック
ie_staff_blog at 23:52|Permalink

2012年05月26日

GOLF4 GTI SAMCOターボホース & 水周りメンテ by イグサ

DSCN6597DSCN6599DSCN6607
54a5535e7f3fb914DSCF7578
ターボホースが劣化してきたためSAMCOターボホースに交換と、クーリングシステムのメンテナンスとしてローテンプサーモスタット、スイッチ、水温センサーの交換です。これらのメンテナンスでエンジンの性能低下を防ぐ事ができます。

mixiチェック
ie_staff_blog at 22:27|Permalink

車検整備

今週も車検整備でTT1.8T、GOLF4 GTI、A4 1.8Tが入庫しました。
DSCN6517
DSCN6664
TTは点検のためリフトアップしたところドライブシャフトアウターブーツ部からグリスが出てきていました。その他は大きな故障も無くブーツを交換して整備完了です。





DSCN6497f409bf2eDSCN6613
GOLF4 GTIは走行距離が10万キロ目前だったのでタイミングベルト、ウォーターポンプの交換と点検時に1速が動いていなかったラジエーターファンを交換。ウォーターポンプは破損し始めていたので丁度良い交換時期でした。

DSCN6579DSCN6574DSCN6670
A4 1.8Tは目立った故障も無く各部点検とオイル交換をして整備完了です。

mixiチェック
ie_staff_blog at 22:00|Permalink

2010年11月13日

TT 1.8T Quattro SPORTEC サーモスタット交換 by イグサ

IMG_7572IMG_7567IMG_7577
高速道路走行時に水温が下がりすぎてしまう症状が発生したのでサーモスタットを交換しました。サーモスタットはラジエータからのエンジン冷却水をエンジン内に流したり、止めたりしてエンジン冷却水の温度を一定に保つ役割を持っています。今回はサーモスタットが開いた状態で壊れたので、オーバークールになってしまったんですね。水温が下がりすぎるとエンジン不調や燃費の悪化、ヒーターが暖かくならないなどの問題がおきますので、このような症状が起こったら要チェックです。

mixiチェック
ie_staff_blog at 21:49|Permalink

2010年08月24日

S3 × MOTUL 300V CHRONO & Mocool by マツモト

IMG_4453IMG_4466 IMG_4470まだまだ暑い日が続いていますので暑さ対策にMocoolの添加です。これで冷却水が良く冷えるようになるので、オーバーヒート対策になります。一緒にエンジンオイルもMOTUL 300V クロノ 10W40に交換しました!

mixiチェック
ie_staff_blog at 23:02|Permalink

2010年03月06日

今日のオイル交換 by イグサ

DSCF6095DSCF6080DSCF6059
DSCF6092DSCF6098今日もオイル交換にご来店いただきありがとうございました。 当社のお客様がオイルを選択いただく傾向として、JSP-Chipインストール車両は300Vシリーズが人気です。 定期的なメンテナンスは8100シリーズが人気ですね。ラジエーター添加剤『Mocool』も定番アイテムです。

mixiチェック
ie_staff_blog at 22:53|Permalink

2009年11月27日

水温センサーの対策部品 by アズマ

DSC03264DSC03261DSC03270
水温計の動きが不安定になるときがあるとのことで、テスターにて診断を行なったところ、水温センサーの散発的なフォルトメモリーが入力されていましたので、水温センサーを交換しました。装着されていた水温センサーは黒色、交換した新品の水温センサーは緑色です。実は水温センサーは対策部品に代替されていて対策後の水温センサーは緑色になっています。水温センサーの内部はエンジン制御側とメータ側の2系統に分かれています。今回のケースではメーター側の不良により水温計が不安定になる症例でしたが、エンジン制御側の場合はエンジン不調に至るケースもありますので、黒の水温センサー付いている場合は要Checkです。

mixiチェック
ie_staff_blog at 23:11|Permalink