トランスミッション

2018年04月26日

GOLF7 GTI × NEUSPEED Short Shift Kit

DSCF3014DSCF3020DSCF3016
DSCF3025GOLF7 GTI 6MTの走りを一段と愉しくさせるため、NEUSPEED Short Shift Kitの取付を行いました。トランスミッション上部のシフトメカニズムリンゲージを交換することで、純正比約-35%の小気味良いシフトフィールにすることが出来ます!交換後は、シフトワイヤーの基本調整を正しく行なうことで、スムースなシフトチェンジが可能となります。詳しくはお問い合わせください。

ie_staff_blog at 22:00|Permalink

2018年03月18日

GOLF7 R × QUAIFE ATB LSD

IMG_3688IMG_3687IMG_3689
IMG_3701IMG_3697サーキットでのタイムアップを目的にQuaife ATB LSDをDSGに組込みました。純正デフから、リングギアとベアリングを移植してDSG内部へと戻す作業となります。GOLF7 Rの場合、FF車両のGTIと比べ少し作業工程が増えますが、約2日間で作業ができます。3/21(水)筑波サーキットT2000で開催される走行会でシェイクダウンを行うとのことでしたので、インプレをお聞かせ下さい!

ie_staff_blog at 22:00|Permalink

2018年02月26日

ABARTH 595 × Quaife ATB LSD

IMG_3285IMG_3289IMG_3288
IMG_3278IMG_3279IMG_3280
QUAIFE トルセン式LSDをマニュアルギアボックスに組み込みました。サーキット走行時に、今まではアンダーが出てしまうようなコーナーでも、LSDを装着することでアクセルをしっかりと踏み込むことができるので、思い通りのラインを走行できるようになります!サーキット走行を楽しまれるユーザー様には必須アイテムの一つですので、気になる方は当社までお問い合わせ下さい。

ie_staff_blog at 22:00|Permalink

2018年01月18日

GOLF7 R × Quaife ATB LSD

DSCF88102424
0055DSCF8908
サーキットでのタイムアップを目的にQuaife ATB LSDをDSGに組込みました。Quaife ATB LSDはトルセン式で純正のオープンデフと同様に装着後の定期的なメンテナンスは不要です。LSDの装着によりコーナーの立ち上がりが素早く、純正デフよりも早くからアクセルを踏んでいけますので、今までアクセルONを我慢していたコーナーでもより早くから踏んで行けます!また、LSDを装着することでコーナリング時にタイヤの不要な空転を防ぐことができるのでXDSの過剰な介入を防止できます。特にサーキット走行では多く発生している左前タイヤの異常摩耗やブレーキパッドの消耗を低減できます。シェイクダウンは1/21(日)FSWに行われる走行会とのことでしたのでインプレを聞かせて下さいね!

ie_staff_blog at 22:00|Permalink

2017年12月26日

GOLF7 R × SACHS Performance Clutch System #2

DSCF8249DSCF8281DSCF8290
連続になりますが、SACHS Performance Clutch Systemを組込み駆動系の強化を図りました。このシステムは、専用シングルマスタイプの軽量フライホイールとクラッチディスク(オーガニックタイプ)、強化プレッシャープレート、専用レリーズベアリングで構成されています。

DSCF8272DSCF8271DSCF8297
純正フライホイールと重さを比べるとSACHS製は約5kg軽量化です。フライホイールが軽くなることでエンジンレスポンスアップや加速の向上などのメリットがあります。

DSCF8306DSCF8308DSCF8375
交換の際はミッションの外と内部を温水スチームで清掃し、レリーズベアリングを新品に交換し摺動部をグリスアップして組み付けます。シングルマスタイプのフライホールはエンジントルクの伝達ロスが少なく、ECUチューニングしたエンジンでより効果を発揮します!MT車のGOLF7でサーキットを走行するには必須アイテムになるかも知れません。MT車でクラッチの滑りなどでお悩みの方にもおすすめです。詳しくはお問い合わせください。

ie_staff_blog at 13:42|Permalink

GOLF7 R × SACHS Performance Clutch System #1

DSCF8314DSCF8318DSCF8345
DSCF8403iSWEEP Engine Tuning Program Stage1がインストールされているGOLF7 Rの駆動系強化のため、SACHS Performance Clutch Systemの取付を行いました。この製品は、強化されたクラッチカバーと専用の軽量フライホイールを使用します。フライホイールはシングルマスタイプになるため、エンジントルクの伝達ロスが少なくエンジンレスポンスもアップします。交換後はクラッチ踏力が少し重くなりますが、クラッチのミート感も分かりやすくスポーツ走行には最適です!

ie_staff_blog at 13:34|Permalink

2017年11月04日

GOLF6 GTI Edition 35 × iSWEEP DCTF m7

IMG_0553IMG_0536DSGオイル交換を行いまいした。使用したオイルはiSWEEP DCTF m7です。m7は日常走行からスポーツ走行まで幅広くご使用頂けるDSGオイルです。当社では約30,000km毎の交換を推奨しておりますので、気になるユーザー様はぜひお問い合わせ下さい!

ie_staff_blog at 22:00|Permalink

2017年10月28日

GOLF6 GTI K04 × Quaife LSD

IMG_0324IMG_0325IMG_0328
IMG_0323IMG_0369IMG_0370
サーキット走行を楽しまれているGOLF6 GTIです。今回はサーキットでのタイムアップを目的にQuaife LSDをDSGに組みこみました。Quaife LSDはトルセン式で装着後のメンテナンスは純正オープンデフと同様に定期的なメンテナンスは不要です。LSDの装着によりコーナーの立ち上が素早く、純正デフよりも早くからアクセルを踏んでいけますのでよりアグレッシヴな走行が可能になります。また、XDSの過剰な介入を防止できますのでGOLF7 GTIやRでサーキット走行をされるユーザー様にもお勧めです!

ie_staff_blog at 22:00|Permalink

2016年03月05日

GOLF5 GTI PIRELLI 車検整備

カメラロール-0842カメラロール-0841カメラロール-0840
カメラロール-0843DSCF6264点検を行うとブレーキバキュームパイプに亀裂が見つかりましたので、バキュームパイプの交換、『iSWEEP DCTF m7』の交換、冷却水の交換、エアコンフィルターの交換を行っています。DSGオイルの交換は油量調整の際、一度油温を常温まで冷ます必要があり、交換にはお時間を頂きますので、車検整備との同時作業は、お待ち頂く手間が無いのでとても良い機会です!

ie_staff_blog at 22:00|Permalink

2016年01月26日

Scirocco R × iSWEEP DCTF m7 & NEU DSG Billet Aluminum Filter Housing

カメラロール-1095カメラロール-1094カメラロール-1088
カメラロール-1089Scirocco RのDSGオイル交換です。使用したオイルは「iSWEEP DCTF m7」。DCTF m7は日常でのご使用から、スポーツ走行まで幅広くご使用頂けるDSGオイルです!今回は同時に、DSGオイルフィルターキャップを純正の樹脂製から、NEUSPEED DSG Billet Aluminum Filter Housingへ交換しています。アルミ製のハウジングは冷却フィンが装着されており、ドレスアップだけでなく、DSGオイルの油温を低下させる効果があります。エンジンルームの隙間から覗くアルミビレッットハウジングはカッコイイですよ!当社では、DSGオイルを約30,000km毎に交換することを推奨しておりますので、DSGオイル交換と同時に取付はいかがでしょうか。

ie_staff_blog at 22:00|Permalink

2015年09月05日

GOLF5 GTI 車検整備

カメラロール-0460カメラロール-0452カメラロール-0454
車検整備です。事前にドライブシャフトブーツを交換していたので、車検整備では消耗品のアップグレードを実施しました。走行距離が45,000kmを経過していたので、DSGオイルをiSWEEP DCTF m7に交換しました。DSGオイルのメーカー推奨交換距離は60,000km毎ですが、30,000kmを過ぎたころから劣化が始まり保護性能は低下します。そのため、当社では30,000km毎での交換をオススメしています。

カメラロール-0459カメラロール-0456カメラロール-0455
エンジンオイルはMOTUL ENGINE CLEANでフラッシングをしてからの交換です。写真左が新品のオイルフィルターとフラッシング後のオイルフィルターです。フラッシングした後のオイルフィルターは新品と比べてこんなに真っ黒になっています。エアフィルターは純正から吸入効率をアップしたK&N製に交換しました。純正置換タイプなので、見た目を全く変えずに高効率化できます。他にはスパークプラグ、エアコンフィルター、ブレーキフルードを交換して作業完了です。車検後のフィーリングはいかがですか?またよろしくお願いします!

ie_staff_blog at 22:30|Permalink

2015年09月04日

TT 8J Roadstar 2.0 TFSI × NEUSPEED JSP-Chip + iSWEEP DCTF m7

カメラロール-0549カメラロール-0535 (1)カメラロール-0545
カメラロール-0537カメラロール-0535カメラロール-0536
NEUSPEED JSP-Chipをインストールしました!過給圧設定や点火時期、燃調を最適化することでトルクバンドが拡大。高速道路の追い越しなどでもたつき感が解消され、気持ちよく加速してくれる大変乗りやすいエンジンに早変わり!同時にプラグをDENSO IRIDIUM TOUGHに、エアクリーナーを吸入効率の良いK&N 製に交換しました。点火系とインテークの高性能化はJSP-Chipの効果を最大限引き出すためにも同時にやっておきたいメニューです。そして最後は「iSWEEP DCTF m7」でDSGオイルの交換です。滑らかな変速とグッと強い押出し感を体感できます。JSP-Chipは単体でも十分体感できますが、合わせて行うことでその効果を十二分に発揮します!どこからチューニングやメンテナンスすればいいのかわからない方はお気軽にお問い合わせください。

ie_staff_blog at 10:12|Permalink

2015年08月22日

GOLF4 GTI × MOTUL GEAR 300LS

カメラロール-0586カメラロール-0578ミッションオイルの交換でご来店いただきました。いつもありがとうございます。「MOTUL GEAR 300LS 75w-90」は100%化学合成の高性能ギアオイルです。ミッションの入りが滑らかになりますので、MT車にお乗りの方には本当にオススメのオイルです!

ie_staff_blog at 13:20|Permalink

2015年07月21日

GOLF5 R32 × Quaife LSD

カメラロール-0338カメラロール-0329カメラロール-0328
Quaifeのトルセン式LSDを装着しました!純正のデフからリングギア、ベアリングを移植してDSG内部へと戻す作業になります。4Motionの場合、プロペラシャフトやフロントトランスファの脱着が伴いますので、ちょっと大変ですが、2日程度の日程で作業可能です。

カメラロール-0327カメラロール-0326カメラロール-0330
組立後のDSGオイルは「iSWEEP DCTF m7」を使用しました。フロントサブフレームを脱着したついでにNEUSPEED Sway-Barのブッシュグリスアップなどのメンテナンスも実施して各部のリフレッシュも行いました。次回のご来店時にLSD装着後の感想を聞かせてくださいね!よろしくお願いします。

ie_staff_blog at 23:44|Permalink

2015年05月21日

TT-RS × iSWEEP DCTF m8 & 駆動系オイル

カメラロール-0337カメラロール-0332カメラロール-0331
駆動系オイルの全交換です。DSGオイルはサーキット走行に特化した「iSWEEP DCTF m8」、トランスファーとリアデフには「MOTUL GEAR 300LS 75w-90」、ハルデックスは純正オイルを使用しました。サーキット走行は一般道での使用とは比較にならない負荷が駆動系にかかりますので、規定より早めの交換が安心です。

ie_staff_blog at 22:53|Permalink

2015年04月25日

Passat 3C V6 4Motion DSGオイル交換

IMG_9576IMG_9629IMG_9544
DSGオイル交換です。 使用したオイルは「iSWEEP DCTF m7」です。交換後の変速は滑らかになりますが、押し出し感がグッと強くなり、加速したときの印象がまるで違います。これは交換すれば本当にわかります!

ie_staff_blog at 22:52|Permalink

2015年04月03日

GOLF6 GTI × NEUSPEED JSP-Chip & DSGオイル交換

IMG_8843IMG_8828IMG_8830
NEUSPEED JSP-Chipのインストールとリサーキュレーションバルブの強化でForge製リサーキュレーションバルブに交換しました。ブーストを上げた場合は、中のスプリングはブルーのスプリングレートが高い方を使用します。

IMG_8829IMG_8831IMG_8842
DSGオイルの交換も行いました。使用したオイルは「iSWEEP DCTF m7」です。アクセルのつきの良さ、シフトショックの緩和などの改善効果があり人気です。DSGオイル交換時はフィルターも交換です。フォグライトはpromina LEDフォグバルブ。HIDと比較しても遜色ない発光色になります。

ie_staff_blog at 23:23|Permalink

2015年03月31日

GOLF5 GTI × NEUSPEED Power Pulley Kit & iSWEEP DCTF m7

IMG_8788IMG_8798IMG_8768
NEUSPEED パワープーリーキット& エンジントルクアームインサートの装着とiSWEEP DCTF m7でDSGオイル交換、ブルーミラーの装着です。

IMG_8765IMG_8766IMG_8787
パワープーリー、エンジントルクアームインサートはポン付でもその効果を体感できるアイテムなので、人気のパーツです。装着も短時間で済みますので、手軽にできるチューニングです。 DSGのオイルフィルターの汚れ具合をみるとわかりますが、結構汚れますので3万キロ毎の交換が理想的です。

ie_staff_blog at 14:31|Permalink

2015年03月24日

GOLF7 GTI × Quaife LSD ※Quaife LSD 正式取扱い開始します!

IMG_8283IMG_8282IMG_8281
IMG_8400当社のGOLF7 GTI デモカーのDSGにQuaife LSDを組みこみました。Quaife LSDはトルセン式で装着後のメンテナンスは純正オープンデフ同様的メンテナンスは不要です。LSDに装着によりXDSの過剰な介入を防止できますので、スポーツ走行はよりアグレッシヴな走行が可能になります。コーナーの立ち上が素早く、純正デフよりも早くからアクセルを踏んでいけます。又、ライン取りも楽でアレンジができるようになることも魅力です。今後Quaife LSDを正規に取り扱いことになりましたので、販売、装着までがスムーズになります。LSD装着ご希望の方、ご相談お待ちしております!

ie_staff_blog at 16:00|Permalink

2014年05月02日

S3 8P 駆動系オイル交換

DSCF4014_1駆動系のオイル交換を行いました。DSG オイルは、iSWEEP DCTF m7を使用しました。トランスファーとリアデフはMOTUL GEAR300LS 75W90、HALDEXは純正オイルです。 iSWEEP DCTF m7に交換すると、加速時に感じるトルクの伝わり方が変わった感じを受けます。力強くそしてスムーズなシフトフィーリングを体感できると思います。


ie_staff_blog at 21:47|Permalink

2014年04月19日

GOLF5 GTI 6MT × Wavetrac LSD

DSCF2668_1DSCF2162_1DSCF2351_1
サーキット走行を親子で楽しんでいるというGOLF5 GTI 6MTオーナーのご依頼でWavetrac製のLSDを装着しました。すでに足廻り、エンジン廻りはチューニングが施されていましたので、LSDの装着でサーキット走行が更に楽しくなると思います。タイムアップ頑張ってください!

ie_staff_blog at 17:13|Permalink

2013年10月11日

Tiguan 2.0TSI 駆動系オイル全交換

DSCF5756_1DSCF5728_1_1DSCF5730_1
駆動系オイルの全交換です。DSGオイルは『iSWEEP m7』、トランスファ、リアデフは『MOTUL Gear 300 75w90』、HALDEXオイルは純正を使用しました。駆動系オイルの交換は忘れがちですが、距離を長く乗ろうと考えている方は絶対に行った方がいいメンテナンスです。おススメは部位にもよりますが、3~5万キロ毎が目安です。

ie_staff_blog at 21:16|Permalink

2012年09月22日

GOLF5 GTX エンジンオイル交換 & DSGオイル交換

DSCN1106_1DSCN1123_1エンジンオイル交換とDSGオイル交換でです。共にオイルフィルターもしっかり交換します。

Engine Oil
>>>MOTUL 8100 X-CESS

DSG Oil
>>>VW GENUINE PARTS

ie_staff_blog at 23:37|Permalink

2012年08月05日

RS4 B5 クラッチオーバーホール

DSCN9565_1DSCN9198_1DSCN9186_1
DSCN9192_1RS4のクラッチが切れなくなってしまい走行不能に・・・。原因はクラッチカバー(プレッシャープレート)のダイアフラムスプリングの爪折れでした。これでクラッチを踏み込んでも切れなくなってしまいギアを入れたり抜いたりすることが出来なくなってしまったという内容です。しかし、RS4のミッション下ろしは正直しびれますね。でも名車が無事によみがえってうれしい限りです。

ie_staff_blog at 21:22|Permalink

2012年06月18日

New Beetle 2.0 ロアームブッシュ & ATF交換 by マツモト

DSCN7338DSCN7340DSCN7345
DSCN7582黄色いNew BeetleがATF交換とロアアームブッシュ交換、リジカラの取り付けで入庫しました。ヘタってきたブッシュの打ち換えでハンドリングのしっかり感を取り戻し、リジカラでさらに引き出します。
ATF交換は油量調整のときに油温管理が必要な為お車を預かっての作業となります。距離が伸び過ぎてからのATF交換はリスクも伴いますが、今後も乗り続けることを考えると交換しておいた方が安心です。

ie_staff_blog at 23:35|Permalink

2012年03月26日

TT 1.8T Quattro ドライブシャフトフランジシール交換 by マツモト

DSCN3000DSCN3049DSCN3778
車検整備で入庫したTT 1.8TQです。下回り点検のためリフトアップしたところミッションオイルが漏れていました。放置できるレベルでは無く、車検にも合格しないので漏れの原因であったオイルシールを交換し整備完了です。

ie_staff_blog at 21:12|Permalink

2011年08月06日

GOLF5 GTI 車検整備 by イグサ

DSCN35268c2d964d183460796
1DSCN3532DSCN3419GOLF5 GTIが車検整備で入庫しました。今回はエアクリーナー、プラグ、エンジンオイルといった消耗品とリジカラの取り付け、DSGオイル、フィルターの交換を行いました。DSGオイルは定期交換部品の一つで、経過年数に関係なく60,000キロ毎交換となっています今回はそれよりも少し早めの交換でしたがフィルターはスラッジなどで汚れていました。

ie_staff_blog at 21:49|Permalink

2011年07月08日

A3 3.2Q DSG × LSD 組み付け by イグサ 

DSCN1666DSCN1260DSCN1591
A3 3.2QのDSGへLSDの組着けです、まずは車両からミッションを降ろして、メカトロニクスユニット、マルチディスククラッチユニットを取り外しデフを摘出します。すべて取り外してしまうと、ほとんどマニュアル6速ミッションです。次に純正のデファアレンシャルからリングギア、ベアリングを取外し移植したら折り返しです。

DSCN1592DSCN1605DSCN1742
あとは取り外しと逆の手順で組みつけていけば完成です。車両に取り付けてからはDSGの基本調整を行い完成です。これでサーキットでは今までと違う走り方ができ、タイムアップも出来そうですね。

ie_staff_blog at 22:56|Permalink

2011年03月12日

GOLF5 GTI DSG オイル交換 by マツモト

_MG_2219_1_MG_2223_1DSGオイルとオイルフィルター交換です。DSGオイルは3万キロ毎の交換をお奨めします。また、スポーツ走行やサーキット走行を行われる方はオーバーフロー防止対策を行うとDSGオイルの噴出しを防止できますので、 詳しくはお気軽にお問い合わせ下さい。

ie_staff_blog at 22:47|Permalink

2010年12月17日

GOLF5 GTI DSG × LSD 組み付け by イグサ 

IMG_8657_1IMG_9104_1IMG_9156_1
IMG_9159_1IMG_9164_1IMG_9193_1
最近はDSGに『LSD』をというお客様が増えました。DSGの分解は基本非分解なので供給されるパーツが少ないのがネックです。ですから作業は慎重に・・・が基本です。 今回も作業は無事に終了!納車翌日には早速サーキットで試運転だそうです。今までとは違ったラインも走れるようになりLSDの効果を体感いただけると思います。

ie_staff_blog at 23:07|Permalink

2010年11月25日

S4 B5 2.7T ミッションオイル交換 by イグサ

DSCF0293DSCF0297IMG_8106
ギアの入が時々悪いことがあるということで、ミッションオイル交換です。このような症状に改善実績のある添加剤とMOTUL GEAR300を使用しました。それにしてもきれいなS4でした。

ie_staff_blog at 22:31|Permalink

2010年11月19日

GOLF4 GTI × NEUSPEEDスポーツクラッチキット by イグサ

IMG_7801IMG_7803クラッチ交換です。走行距離約11万キロを走行しついにすべり始めてしまいました。今回使用するのは『NEUSPEED スポーツクラッチキット』シングルフライホイールと強化プレッシャープレートに変更されますので、クラッチワークの節度感がとても良く操作性が向上します。



IMG_7827IMG_7842このキットにはレリーズベアリング、ボルト類もすべて付属されているので、交換時のリフレッシュに最適です。スポーツクラッチと言っても重く感じることはありません。擦り減った純正クラッチで操作されていた状態より全然軽くなります。GOLFが大好きというユーザー様。まだまだ長く乗っていく事ができますね!

ie_staff_blog at 21:59|Permalink

2010年10月24日

TT 1.8T Quattro APX ミッションオイル交換とシフトリンケージ基本調整 by イシカワ

IMG_7010IMG_7001IMG_7003走行距離が84,000kmを迎えて、ミッションの入がイマイチ良くない・・・。特に2速から3側へのシフトチェンジではギア噛みを起きてしまう。というご相談でご来店されました。ギア噛みとなると、オイル交換だけでは改善できない場合も・・・。今回は当社では同様の症状に改善実績のある添加剤をMOTUL GEAR300と併せて使用。これで直ればオーバーホールと比べれば段違いに安いですから試す価値ありです。エンジントルクロッドブッシュの経たりも結構なもので、こちらもNEUSPEED製に交換。シフトチェンジの際に揺れを防ぐので、シフト操作性がアップします。最後にミッション側とシフトレバー側を固定してワイヤーの基本調整を行います。すべての作業完了後は見事に「スコスコ」とストレスなく入るシフトフィーリングになりました。良かったですね!

ie_staff_blog at 17:51|Permalink

2010年10月20日

GOLF5 GTI 6MT × Quaife LSD by イシカワ

IMG_6609_1IMG_6611_1IMG_6792_1
ちょっと作業の開始が遅れましたが、LSD取り付けの開始です。まずは、ノーマルデフからリングギアの取り外しです。下穴の深さとドリル径が微妙で、上手くやれば無傷で取り外せます。今回も完璧。

IMG_6793_1IMG_6756_1IMG_6797_1
ベアリングは新品に交換して、ケース側のアウターも入れ替えます。デフにプリロードがかかるように設定されていますので、まずは調整用シムを取り外し、ダイアルゲージを用いて動く量を測定します。その後、動いた量+適切なプリロードになる厚みの調整用シムを再度挿入して組み立てます。

IMG_6801_1IMG_6837_1IMG_6901_1
すべて元通りに組み上げて車に戻します。今回はお客様のリクエストで、Spoonリジカラも同時装着。LSD+リジカラの効果は大きいので走るが待ち遠しいですね。 納車後は是非お楽しみ下さい。

ie_staff_blog at 13:57|Permalink

2010年10月08日

GOLF5 GTI 6MT × Quaife LSD by イシカワ

IMG_6252_1IMG_6256_1IMG_6262_1
こちらは希少なGOLF5 GTI 6MTです。 実は6MTの運転は非常に楽しい! DSGに慣れてしまうと運転(操作)することの楽しさを忘れてしまいます。6MTは操る楽しさを実感させてくれますね! そんな楽しさを倍増するために今回はLSDの組付けを行います。今日はミッション降ろしだけで一旦終了です。

ie_staff_blog at 23:35|Permalink

2010年09月18日

GOLF5 GTI DSG LSD 組付け by イグサ

IMG_5396_1IMG_5405_1IMG_5453_1
IMG_5468_1IMG_5522_1IMG_5050_1
さてDSG+LSDの完結編です。しばらく他の作業がたくさん合って時間が空いてしまいましたが、夜な夜な組み上げていたので大丈夫です。 クラッチユニットとメカトロを装着していよいよ車両に戻します。DSGオイルを充填し、DSGの基本調整を行ってテスト走行も無事終了! 完成です!!

ie_staff_blog at 20:22|Permalink

2010年09月10日

GOLF5 GTI DSG LSD 組付け by イグサ

IMG_5189_1IMG_5221_1IMG_5223_1
IMG_5225_1IMG_5233_1今日の作業は純正デフからリングギアを取外し、LSDへの取り付けです。リングギアはかしめで取り付けられているので、ボール盤で頭を削り落とし、プレスでピンを抜きます。なので、何気に大変なんです。
無事にLSDへの移動が終了。ミッションケースへと組み戻し、今日はここまでで終了です。

ie_staff_blog at 23:31|Permalink

2010年09月09日

GOLF5 GTI DSG LSD 組付け by イグサ

IMG_5139_1IMG_5154_1DSG にトルセン式LSD組みつけの続きです。今日はメカトロニクスを取外し、ケースの分解とノーマルデフの取外しです。今後はリングギヤを取り外してLSDに移植します。

ie_staff_blog at 23:10|Permalink

2010年09月07日

DSG LSD 組付け & TT APX シリンダーヘッドO/H 作業開始 by イグサ

IMG_5061_1IMG_5058_1GOLF5 GTI DSGへトルセン式LSDの装着準備です。とりあえず、ミッションを降ろしたので、後はDSGの分解組立です。乞うご期待!






IMG_5108_1IMG_5105_1こちらのTT APXはウォーターポンプの焼き付きが原因でタイミングベルトが切れてしまい、バルブとピストンが当たってしまった為、シリンダーヘッドO/Hです。こちらはパーツの状況によっては少しばかり長期戦になりそうです。

ie_staff_blog at 23:49|Permalink

2010年08月20日

BORA V6 4Motion リヤデファレンシャルオイルシールの交換 by イグサ

IMG_4277IMG_4270untitled
リヤデファレンシャルのドライブシャフトフランジオイルシールからオイル漏れがありオイルシールを交換しました。オイル漏れが激しくなりオイルの量が減ってしまうと、ギアの焼き付きを起したりする可能性もあり危険です。オイル漏れやにじみを点検等で発見したら早めに対応しましょう。

ie_staff_blog at 22:30|Permalink