トランスミッション

2010年09月07日

DSG LSD 組付け & TT APX シリンダーヘッドO/H 作業開始 by イグサ

IMG_5061_1IMG_5058_1GOLF5 GTI DSGへトルセン式LSDの装着準備です。とりあえず、ミッションを降ろしたので、後はDSGの分解組立です。乞うご期待!






IMG_5108_1IMG_5105_1こちらのTT APXはウォーターポンプの焼き付きが原因でタイミングベルトが切れてしまい、バルブとピストンが当たってしまった為、シリンダーヘッドO/Hです。こちらはパーツの状況によっては少しばかり長期戦になりそうです。

ie_staff_blog at 23:49|Permalink

2010年08月20日

BORA V6 4Motion リヤデファレンシャルオイルシールの交換 by イグサ

IMG_4277IMG_4270untitled
リヤデファレンシャルのドライブシャフトフランジオイルシールからオイル漏れがありオイルシールを交換しました。オイル漏れが激しくなりオイルの量が減ってしまうと、ギアの焼き付きを起したりする可能性もあり危険です。オイル漏れやにじみを点検等で発見したら早めに対応しましょう。

ie_staff_blog at 22:30|Permalink

2010年06月17日

GOLF5 GTI 6MT ミッションオイル交換 by マツモト

IMG_2599DSCF9056IMG_2601
今日は、GOLF5のミッションオイル交換です。ミッションオイルは、メーカーのほうでは点検・補充となっていますがエンジンオイルと同じように潤滑の役割をしている為、劣化します。ですから、定期的に交換されたほうが車にとっては良いかと思います。

ie_staff_blog at 23:47|Permalink

2010年03月19日

TT 2.0TFSI DSG LSD 装着計画完了 by イグサ

DSCF6256DSCF6464DSCF6469
純正のデフからリングギアを取外し、LED側に組み換えてベアリングを組み付けてミッションケースの中に戻します。後は元通りに組み立ててDSG with Peloquins LSDの完成です! 

DSCF6473DSCF6477DSCF6526
サブフレームを外したついでにコントロールアームブッシュもリフレッシュです。 これは治具がないとちょっと面倒なので、治具を作ってしっかりと支えてプレスで挿入。 これで、LSDの真価を受け止める準備完了か? TTへミッションも戻り基本調整も終了! 残すはサーキットでのタイムアップのみです。

ie_staff_blog at 19:56|Permalink

2010年03月12日

TT 2.0TFSI DSG LSD 装着計画実行中 by イグサ

DSCF6049DSCF6051DSCF6211
TT 2.0TFSI DSGにLSDを装着すべくDSGを取り外しました。 しばらくご入院いただくので、クルマはミッションの代わりにエンジン台用のブラケットを代用してエンジンを固定です。当社では良くやる手法です。リフトの数が少ないので、工夫をしないと他の作業が出来なくなってしまうので・・・。

DSCF6227DSCF6237DSCF6243
メカトロニクス、ハイドロリックコントロールユニット、マルチディスククラッチユニットを取り外しデフを摘出します。すべて取り外してしまうと、ほとんどマニュアル6速ミッションですね。 しかし、このギアユニットを瞬時に切り替えたり、ATのようにクリープを作り出すとは、なんともすごいミッションだ・・・。 考えた人は偉い! さて、次はデフのリングギアを組替えて組み立てです。 オーナー様、もうしばらくお待ちくださいませ。

ie_staff_blog at 23:19|Permalink

2009年12月10日

GOLF2 5MT + COX LSD by イグサ

DSCF2984DSCF2986DSCF3219
GOLF2 8Vの5速トランスミッションにCOX製LSDのインストールです。今回はミッション単体での作業依頼です。当社はミッションだけでも対応させていただきますのでご用命があればご相談下さいね。 さて、ミッションの中は結構汚れていますね。まずは分解洗浄からです。

DSCF3223DSCF3224DSCF3255
純正のデフからリングギア、シャフトなどを取り外し、COX LSDに移植して組み付けます。そして、元通りに組み直して完成です。 このミッションでサーキットを走るんですね。きっと良いタイムが出るでしょう! 結果が楽しみですね。

ie_staff_blog at 23:58|Permalink

2009年12月08日

Lupo GTI 6MT オーバーホール by イグサ

DSCF1895DSCF1896DSCF2385
Lupo GTI の6速トランスミッションです。 バックした後に時々ギアが抜けなくなることがあるとのこと。試乗したところ、確かに抜け難い時がある・・・。オーナー様もやはり気になるということでオーバーホールを敢行です。

DSCF2387DSCF2858DSCF2952
分解していろいろと細部を確認しましたが、これといって各ギアやシンクロユニットなどにダメージは見つからないので、対処としてバックギアとシャフト、分解に伴い交換が必要になるベアリングやシール関係を交換してメーカーの指定どおりに組み直しを行いました。Lupo GTIのギアボックスはちょっと変わっていて、ミッションケース側にインプットシャフト、アウトプットシャフト、リンケージが残るんですね。結構厄介な構造でやり難いミッションでした。組み立て後の試乗ではバックギアもすんなり抜けるので、組み立て直しで解消したようですね。ひとまず安心しました。

ie_staff_blog at 21:49|Permalink

2009年10月27日

ATFは定期的に交換するほうがベターです。 by イシカワ

IMG_8083IMG_8073IMG_8069
正規ディーラーにおいてATFの交換はあまり一般的には行なわれていませんが、3万キロ毎くらいに交換しておくと7~8万キロ程走行した頃になると発生しやすい変速時のラグやショックなどを予防する効果があります。交換の際はオイルパンを取り外し内部に沈殿したスラッジ等を完全に洗浄しオイルストレーナーは新品に交換します。そうすることで、ATF充填時に沈殿物を巻き上げることで発生する人為的な故障を防止することが出来ます。また距離が伸びてからのATF交換はリスクを伴う場合もありますので相談の上施工してくださいね。

ie_staff_blog at 17:30|Permalink

2009年10月23日

Quaife、Peloquin LSD 取り扱いしてます。 by イシカワ

DSC01934DSC01945DSC01946
IMG_3914IMG_3922IMG_3920
VW マニュアルトランスミッションのオーバーホールやLSDの組み付けも行なっています。サーキット走行などで「ここで踏めれば・・・」とストレスを溜めてる方、ラインが選べるようになりますよ。

ie_staff_blog at 21:45|Permalink