シャーシダイナモテスト

2017年06月26日

GOLF7 R × iSWEEP Engine Tuning Program Stage1

DSCF7825DSCF7820DSCF7836
GOLF7 RにiSWEEP Engine Tuning Program Stage1 360PS仕様のインストールを行いました。iSWEEP Engine Tuning Program のインストールで約3,000回転付近でピークトルクの49.6kgを発揮し、5,000回転付近までトルクバンドを維持することで乗りやすくパワフルなエンジンに生まれ変わります!

mixiチェック
ie_staff_blog at 22:00|Permalink

2016年02月27日

A1 1.4TFSI × NEUSPEED JSP-Chip

DSCF5588カメラロール-0832カメラロール-0831
A1 1.4TFSI CAXのNEUSPEED JSP-Chipの開発テストが終了しました。タービンが小さいため、過剰な過給圧を要求しても実際のブースト圧はそこまで上がりません。なので、実用域のトルクを全域で4~5kgm向上させて発進加速や追い越し加速性能を大幅に向上させました。これでかなり乗りやすくなります!A1オーナーの皆さま、そろそろ新車保証も切れる頃なので、走りにご不満のある方はNEUSPEED JSP-Chipをお試しください!

mixiチェック
ie_staff_blog at 22:10|Permalink

2015年02月05日

GOLF7 1.4TSI Highline × BILSTEIN B12 Pro-Kit

DSCF7892_1DSCF7887_1DSCF7852_1
BILSTEIN B12 Pro-Kitの装着でサスペンションチューニング。B12キットはBILSTEN B8ダンパーとEibach Pro-Kitを組み合わせたサスペンションキットです。実用性とスポーツ性、そして、適度なローダウンと3拍子揃ったコストパフォーマンスの高いサスペンションキットです。

mixiチェック
ie_staff_blog at 23:56|Permalink

2013年08月03日

Cross GOLF BMY NEUSPEED JSP-Chip 開発終了!

DSCF2210_1TUN_3_1Cross GOLF 1.4TSI BMYのJSP-Chipセッティング終了しました。実用域のトルク特性をフラットに引き上げ持続性も上げていますので、もたつきを解消し乗りやすく、そして速くしました。定常走行では燃費の向上させることも可能なので、実用的な用途で乗られている方にもご満足いただけると思います。Cross GOLFオーナーの方お待ちしています!

mixiチェック
ie_staff_blog at 21:58|Permalink

2013年07月12日

A3 2.0TFSI BWA × KO4 Sport Package 320ps 最終セッティング中!

DSCF0946_1DSCF0951_1_MG_9117_1
なかなか進まないサーキット走行用のデモカーAUDI A3 2.0TFSI BWA + NEUSPEED KO4 スポーツパッケージですが、ようやく光が見えてきました!一応、目標の320ps近辺までは出ているのですが、今ひとつ安定感にかけるので、プログラムが仕上がるのはもう少しかかりそうです。

DSCF9717_1DSCF0186_1DSCF0189_1
実は高圧ポンプをLoba製130barに交換しようと元のポンプを外したところ、カムが削れてひどいことになっていました。金属片がどこに行ったか分からない状況だったので、結局オーバーホールになりました。ついでにピストン、コンロッドを重量合わせまで行なってしまいました。

DSCF0193_1エンジン下ろしついでにトルセン式LSDも装着。300psオーバーのFFなので最低でもこれくらいは入れないとパワーが生かせません! さぁ、早く仕上げないと20日のETCCでのテストに間に合わなくなりそう・・・。がんばります!

mixiチェック
ie_staff_blog at 01:23|Permalink

2013年07月07日

PASSAT Alltrack NEUSPEED JSP-Chip 開発終了!

DSCF0601_1_MG_9102_1AlltrackのJSP-Chip開発終了しました。Dynopackでの実測値は駆動系のロスなどでカタログ数値とは異なりますが、重要なのは純正と比較したトルク特性やパワーの出方です。ブーストを上げれば速くはなりますが、速さだけではなく乗りやすさも重要です!シャーシダイナモを用いた現車セッティングがJSP-Chipの特徴であり信頼性が高い理由です!

Dynopack 純正トルク実測値26.3kg/m / カタログ数値28.6kg/m = 0.919580
Dynopack JSP-Chipトルク実測値37.0kg/m カタログ数値に変換 37.0/0.919580→40.2kg/m

Dynopack 純正パワー実測値193.0ps / カタログ数値211ps = 0.914691
Dynopack JSP-Chipパワー実測値230.7ps カタログ数値に変換 230.7/0.914691→252.2ps

mixiチェック
ie_staff_blog at 00:00|Permalink

2013年04月12日

Touran 1.4TSI BLG × NEUSPEED JSP-Chip 現車セッティングで新規開発終了!

DSCF4858_1DSCF4841_1Touran 1.4TSI BLGのJSP-Chipプログラム現車セッティングを行ないました。GOLF5 GT BLGと同じスペックながら、実は燃料ポンプの容量が小さく、140PS仕様がベースとなって170PSに引き上げているようです。GOLF5 GTと同じマッピングでは高負荷時に燃料が足りなくなってしまうため、このポンプに合わせたマッピングで実質21psアップの191psパワーアップ。
トルクのピークポイントも純正とそれほど変わらず全域で引き上げています。低速から高回転域までストレスなくパワーが持続しますので、途切れのない気持ちい加速が体感できます!

mixiチェック
ie_staff_blog at 23:55|Permalink

2012年12月21日

R36 エキゾーストマニホールド 開発テストレポート>>>完成です! 続きを読んでください

DSCN2467_1RIMG0039_1DSCN2416_1
R36専用のスポーツエキゾーストマニホールドの開発を7月から行なっておりましたがようやくテストを終了し正式に製品化することにしました。真ん中の写真左は最初のテストモデルです。シャーシダイナモによるトルク特性を確認して改善を図ったモデルが右側です。車検対応を考慮して純正ダウンパイプ(キャタライザー)にフランジ加工施しての装着となります。

DSCN2421_1DSCN2428_1_MG_9045_1
取り付けるとこんな感じですが、純正の遮熱カバーもちゃんと付きますので、純正の状態と遜色なく装着が可能です。気になる効果ですが、トルクは純正のピークをやや上回った程度ですが、その特性に注目してください。気になる低速トルク落ちはなく、純正の最大トルク発生回転数が2440rpmに対しスポーツマニホールド装着後は4280rpmまでトルクが落ちることなく上がっていく特性に変化しています。その結果、パワーは全域で向上しています。ダイノパックでの測定はカタログ数値通りには出ませんが、カタログ数値に変換して計算すると約21psの向上になります。3回連続してダイノテストを行なっても安定した数値と特性を示しているので、この仕様で製品化に向けて治具製作に入ります! 価格と発売時期は今しばらくお待ち下さい!!続きを読む

mixiチェック
ie_staff_blog at 23:59|Permalink

2010年06月25日

NEUSPEED JSP-Chip FOR GOLF R & Scirocco R CDL

0tfsi_cdlIMG_2826_1”R”専用NEUSPEED JSP-Chipプログラム。 純正のフラットな出力特性を継承することで、違和感を感じることなくトルク、出力を大幅にアップします。 設定最大出力は、300ps/44.0kgm。
グラフは、赤、緑が純正、青、桃、水色、黄がJSP-Chip。連続テストでも安定した出力特性を発揮します。

mixiチェック
ie_staff_blog at 21:09|Permalink

NEUSPEED JSP-Chip FOR 1.4TSI CAX

4tsi_caxIMG_2624_11.4TSI CAX シングルチャージャーのJSP-Chipプログラム。 純正プログラムとほぼ同じ回転数で約25kgmの最大トルクを発揮するのでターボラグや乗りにくさを感じません。トルク特性を重視したプログラムは、全域で乗りやすくより少ないアクセル開度でもスムーズに走行でき、燃費も向上します。最大出力設定は130PS。グラフは純正比較。

mixiチェック
ie_staff_blog at 20:59|Permalink

2009年11月26日

GOLF6 GTI ダイノテスト by イシカワ

DSCF2650DSCF2654DSCF2649
今日は、af-impの取材も兼ねてダイノパックにるテストを行ないました。テストはNEUSPEED P-Flo、ハイフローターボディスチャージコンバージョン、ハイフローインタークーラーパイプの変更による効果測定です。NEUSPEED エアチャージ系パーツによる効果はカタログ数値比較で、最大トルクで約4.0kgmアップの32.64kgm、最大出力では約17.4psアップの228.4psでした。今回はオカダプロジェクトさんのプラズマダイレクトの取材も同時に行いました。その内容は次号のaf-impで見て下さいね。

mixiチェック
ie_staff_blog at 23:42|Permalink