ステアリング

2020年01月23日

強化フロントロアアームブッシュ

IMG_1007IMG_1010IMG_1011









これは縦横無尽に動き回ろうとするホイールを正しい可動域に抑えておくためのパーツ”フロントロアアームブッシュ”の画像です。消耗品となっておりまして、多くの車両には画像右の肉抜きを施しているブッシュが標準使用されています。しかし当社では運転者の乗り方に応じて画像左の中実したフロントロアアームブッシュ(AUDI S3 8P標準装備品)をよくご提案させて頂いてます。こちらのパーツはGOLF5,6などの多くの車両に使用できます。

af7a16245bbcfc20IMG_8178[1]









中実ブッシュを使用しますと、ロアアームが差し込まれたブッシュの変形量が少なくなりますので、タイヤが路面から受けた情報は、車体を通じてダイレクトにハンドルに伝わります。同義ですが、運転者によるハンドルの操作が瞬時にホイールに伝わるようになります。車体と一体になりスポーティなドライブを楽しみたい方にお勧めのチューニングアイテムになります。
MQBシャシー採用車両のGOLF7系にはお取付けができません。2012年以前のVW&AUDIのオーナー様、まずはお問い合わせください。適合確認いたします。

By内田

ie_staff_blog at 20:00|Permalink

2018年01月21日

F56 JCW × AMSECHSスポーツステアリング

DSCF9135DSCF9142AMSECHSスポーツステアリング(アルカンターラ)の取付を行いました。Dシェイプ形状と、純正よりも小径でスポーティーなハンドリングを実現。エアバッグやスイッチ類も加工無くそのまま移植が可能ですので、純正オプションのような質の高い仕上がりになりました!

ie_staff_blog at 22:00|Permalink

2011年05月20日

BORA V6 4Motion ステアリング&シャーシ系メンテナンス by イグサ

_MG_8168_MG_8187ステアリングタイロッドにガタが発生したため、フロントサブフレームを脱着して、ステアリングギアボックスからタイロッドを取り外して交換します。そのついでと言ってはなんですが、コントロールアームとエンジントルクロッドブッシュを強化することにしました。



_MG_8190_MG_8207エンジントルクロッドは、純正は軟質のゴム製です。結構経たりがあり、内部はすり減っていました。ウレタン製の『NEUSPEED製』に交換。そして、コントロールアームもウレタン製の強化品に交換。交換後は直進安定性が向上し、エンジンの無駄な動きや揺れが激減。これでかなり快適になりました。

ie_staff_blog at 21:08|Permalink

2011年05月11日

GOLF5 R32 ステアリング交換 by イグサ

_MG_7637DSCF0603IMG_5923
GOLF5 R32ステアリング交換で入庫です。社外ステアリングへ交換するとパドルシフトが使用出来なくなってしまうのですが、OX MOTORSPORTSパドルシフトキットを使用する事によりパドル機能を損なう事なく使用できます。

ie_staff_blog at 01:11|Permalink

2010年04月15日

New Beetle 2.0 ラジエーターファン&ステアリング交換 by イグサ

DSCF7283DSCF7265DSCF7271
アイドリングの停車状態でラジエーターファンの作動音が大きいので調べたところ、ラジエーターファンの1速がメイン、サブ共に不動であることが発覚。A/C ON時や水温の上昇では通常1速が先に作動し、A/Cガスが高圧になったり、エンジン冷却水の温度が1速では下がらなくなると、2速が回る構造です。今回はその1速が共に内部抵抗不良で作動しなくなっていたんですね。 もし、2速も回らなくなったら即オーバーヒートです。これからの季節は気をつけましょう! それから、MOMO ステアリング ピロータ 350mmをエアバック対応ボス(キャンセル機能付き)を使用して装着しました。

ie_staff_blog at 23:29|Permalink

2010年02月23日

Polo 6R に純正レザーパーツセットの取付 by イグサ

DSCF5713DSCF5723DSCF5716
New Polo 結構カッコいいですね。 さて、今回は『純正レザーパーツセット』の取り付けです。ステアリング、シフトノブ、サイドブレーキレバーの3点です。 やはりレザー仕様の方が手触りも見た目の雰囲気もGoodです。

ie_staff_blog at 23:56|Permalink