オイルキャッチタンク/オイルパン

2022年09月28日

VW GOLF7.5 Variant R × Racingline Oil Catch Tank

写真 2022-09-29 11 08 43IMG_0035IMG_0069
IMG_0044IMG_0059IMG_0052
GOLF7.5 R Variantのエンジンオイル交換&オイルキャッチタンク装着にご来店いただきました。エンジン内部洗浄「フラッシング」を施工し、エンジンオイルにはサーキットでのスポーツ走行を考慮した「MOTUL 300V COMPETITION 10W-40」を使用しました。
搭載されているEA888型エンジンはスポーツ走行時においてブローバイガスに多量のオイルミストが混入することで加速時に失火が発生するケースが多いですが、オイルミストを分離するキャッチタンクを装着することでクリーンな燃焼を維持し安定した走行を可能にします。今回は「Racingline Oil Catch Tank」を装着して見た目にもスッキリしながらレーシーなエンジンルームに仕上がりました。

ie_staff_blog at 11:15|Permalink

2022年07月23日

VW GOLF7 Variant R × iSWEEP Engine Oil Pan & アライメント調整

写真 2022-07-23 19 13 38IMG_1763IMG_1803
IMG_1774IMG_1781IMG_1790
GOLF7 R Variantへの「iSWEEP Engine Oil Pan」のお取り付けです。街乗りや高速でも110℃、サーキット走行では場合によっては135℃以上など、油温管理にお困りのオーナー様は多いのではないでしょうか?断熱性の高い樹脂製の純正品に代えてフィン付きのアルミ製とすることで大幅に放熱性を向上して最大10℃以上の油温低下を可能にします。また、約1リットルの容量増加によって温度上昇が抑制されることで安心してドライビングをお楽しみいただけます!

ie_staff_blog at 21:00|Permalink

2022年04月19日

VW GOLF7 R × iSWEEP Engine Oil Pan

写真 2022-04-20 17 26 40IMG_4098IMG_4108
IMG_4100GOLF7 Rに「iSWEEP Engine Oil Pan」を装着しました。サーキットやワインディングでの走行時の油温にお悩みのオーナー様は多いのではないでしょうか?アルミニウム製フィン形状の採用により走行風による効率的な放熱を実現。オイル容量も約1L増加させることで温度上昇を効果的に抑制します。

ie_staff_blog at 19:30|Permalink

2022年04月03日

VW GOLF7.5 R × Racingline オイルキャッチタンク & PlasmaDirect

写真 2022-04-05 11 43 04IMG_3247IMG_3253
GOLF7.5 Rへのキャッチタンク装着&点火系チューニングです。エンジン内部からインテークに再循環されるブローバイガスにはミスト状のオイルが混入しており、オイルが燃焼してしまうとエンジンのパフォーマンス低下やインテーク周りのカーボンやスラッジの堆積の原因になってしまいます。そこで対策としてキャッチタンクを装着することにより原因となるオイルなどの不純物を除去して吸入空気を浄化することでトラブルを防ぎます。また、今回は点火系の強化としてイグニッションコイルを、100万分の1秒単位で複数回の強力なスパークを発生させる「OKADAPROJECTS Prasma Direct」にアップグレードしました。

ie_staff_blog at 19:00|Permalink

2022年03月26日

VW GOLF7 GTI × Racingline オイルキャッチタンク

写真 2022-03-26 20 25 09IMG_2793IMG_2787
IMG_2790GOLF7 GTIに「Racing Line Catch Tank&Oil Management Kit」を装着しました。吸気経路へ再循環されるブローバイガスに含まれるエンジンオイルを分離させてよりクリーンな空気による燃焼によってエンジンパフォーマンスの低下を防ぎます。サーキット走行を楽しまれるオーナー様には特にオススメのアイテムです!

ie_staff_blog at 19:30|Permalink

2022年02月12日

VW GOLF7.5 R × Racingline Oil Catch Tank

写真 2022-02-14 14 26 11IMG_0729IMG_0724
IMG_0706サーキット走行をされているGOLF7.5 Rへのオイルキャッチタンク装着です。ブローバイガス内に混入するミスト状のエンジンオイルを分離することでクリーンな吸気を保ち、安定したエンジンパフォーマンスを維持します。急加速時にマフラーから白煙が上がり失速する等の症状の改善にも有効です。併せてスパークプラグをRS3/7純正スパークプラグに交換しました。

ie_staff_blog at 19:00|Permalink

2021年12月27日

VW GOLF7 GTI × iSWEEP Engine Oil Pan

写真 2021-12-28 15 49 16IMG_8680IMG_8676
オイル洩れが発生したので点検すると、純正のプラスティック製オイルパンガスケットの合わせ面からオイル洩れしていました。原因はオイルパンガスケットの劣化もしくは、プラスティック製オイルパンの劣化・変形による可能性もあり、折角交換するならオイル容量1リットルアップ&冷却性能・耐久性に優れたiSWEEPアルミニュウムオイルパンにアップグレードしての交換となりました!純正アンダーカバーも問題なく装着できます!

ie_staff_blog at 19:30|Permalink

2021年12月26日

VW GOLF7 R × Racinglineオイルクーラーキット取付

写真 2021-12-27 9 30 18IMG_8511IMG_8512
GOLF7 Rに「Racinglineオイルクーラー」を装着しました。空冷オイルクーラーの増設により過度な油温の上昇を抑え、サーキット走行などの過酷な状況下においてエンジンを保護します。

ie_staff_blog at 19:00|Permalink

2021年12月01日

VW GOLF7.5 GTI × Racingline オイルキャッチタンクキット

写真 2021-12-02 13 25 43IMG_7150IMG_7156
IMG_7131IMG_7157GOLF7.5 GTIに「RacingLine オイルキャッチタンク」を装着しました。EA888型エンジンについてサーキット走行時にマフラーから白煙を噴いてしまう等の症状にお悩みではないでしょうか?ブローバイガスに混入したミスト状のオイルを取り除くことでクリーンな燃焼を保ちトラブルを防ぎます。

ie_staff_blog at 19:00|Permalink

2021年10月17日

VW GOLF7.5 R × Racinglineオイルキャッチタンク & レフィルキット取付

写真 2021-10-19 19 23 04IMG_4277IMG_4280
IMG_4230Racinglineオイルキャッチタンクを取り付けました。ブローバイガスに含まれるオイルのミストや結露した水蒸気などを効果的に取り除き、インテークマニホールドやインレットバルブに堆積するスラッジの防止に有効です。キャッチタンク本体はウォッシャータンクの上部を取り外して取り付けますので、ウォッシャー液の補充は専用のレフィルキットを装着して下側のタンクに補充できます。当時にエンジンオイル交換を行いました。使用したオイルはMOTUL 300V クロノ 10W40です。オールシーズンスポーツ走行に使用可能なレーシングスペックのエンジンオイルです!



ie_staff_blog at 19:00|Permalink

2021年09月23日

VW GOLF7.5 GTI TCR × Racinglineオイルキャッチタンク & レフィルキット取付

写真 2021-09-24 12 17 40IMG_2470IMG_2492IMG_2481IMG_2476IMG_2499
Recinglineのオイルキャッチタンクを取付しました。ブローバイガスに含まれるエンジンオイルのミストや蒸気などの水分を有効に取り除くことができますので、直噴エンジンで問題になるインテーク周りのスラッジの堆積や汚れを効果的に防止できます!ほぼボルトオンで装着可能です!



ie_staff_blog at 19:00|Permalink

2021年08月05日

GOLF7.5 R Racinglineオイルキャッチタンク取付

写真 2021-08-07 10 40 45IMG_9192IMG_9194
ブローバイガスはエンジンのインテーク内の汚れやインレットバルブに付着するスラッジの堆積の原因となります。それを防止するためにエンジンオイルキャッチタンクの装着は有効です。今回装着したのは英国のレーシングライン製オイルキャッチタンクキットです。ボルトオン装着でスッキリときれいに取付できます!

ie_staff_blog at 19:00|Permalink

2021年04月20日

GOLF7 Variant R × iSWEEP Engine Oil Pan

IMG_7575IMG_7569IMG_7556
iSWEEP アルミオイルパンをGOLF7 Varinat Rに取り付けました。オイル容量を1L増加させて過酷なサーキット走行でもエンジンを効果的に保護します。又、表面の冷却フィンの冷却効率は高く、純正オイルパンとの同条件比較では約10度オイル温度を下げることができます。エンジンオイルにはMOTUL 300V COMPETITION 15W50を使用しました。

ie_staff_blog at 19:34|Permalink

2014年12月25日

MINI R55 Cooper S × NM Engineering OIL CATCH TANK

DSCF1224_1DSCF1261_1DSCF1221_1
NM EngineeringのN18用オイルキャッチタンク。違和感なくボルトオンで装着可能です。その効果は驚くほど多くの不純物をキャッチしますので、定期的にタンク内に溜まった不純物を廃棄する必要がありますので、メンテナンスはしっかりお願いします。ご自身でのメンテナンスが難しい場合は、当社にお越しいただければすぐに対応できますのでお気軽にご相談ください!

ie_staff_blog at 12:05|Permalink